*

花粉症やアレルギー性鼻炎の症状と対策。薬は有効?病院は必要?

もうすぐ花粉症やアレルギー鼻炎に悩まされる方が多くなってくる時期ですね。
花粉症は毎年ニュースで取り上げられたり、花粉予報があったりするほど患者の多い病気です。
今回は、この二つの辛い病気についての対策などを書いていこうと思います。

SPONSORED LINK

花粉症とアレルギー性鼻炎の違い

花粉症というのは、ある決まった花粉に反応します。

また、花粉の飛ぶ季節にしか起りません。鼻に起る症状の他に、目がかゆくなったり気管支の症状が出たりします。日本人には、杉やヒノキの花粉症の方が多いです。また、女性にやや多い病気です。

アレルギー性鼻炎は、くしゃみと鼻づまり、更に鼻水の3つの症状が主です。

花粉などではない、空気中に潜むアレルギー原因物質に反応することで起ります。このアレルギー原因物質は人によって様々です。また、季節には関係なくアレルギー原因物質さえあれば反応してしまいます。男性や学童に多い傾向があります。
0c66c9b4f6affa16913661a3b350e035_s

花粉症に効く薬は?

花粉症の薬は大きく6つに分けられます。それぞれの特徴について説明したいと思います。

  1. 抗アレルギー薬
    症状を軽くしたり、症状が出始めるのを遅らせる効果があります。それほど強い薬ではないので副作用も少なく、シーズン中飲み続けることができます。症状の軽い方はこの薬だけで十分です!
  2. 抗ヒスタミン薬
    古くからある薬で、市販薬に多く含まれています。直接花粉症の原因に作用してくれるので即効性があります。症状が出てしまってからでも効果がある薬で、市販薬によく用いられています!
  3. a3298c2b74790908171fa0246409c293_s

  4. ステロイド
    鼻の粘膜や目の粘膜の炎症に力を発揮する薬で、アレルギー反応を抑える働きも持っているので様々な疾患で効果を発揮します。
  5. 処方薬
    病院にいくと処方される薬で、内服薬や点眼薬などがあります。市販薬に比べて副作用の少ない新薬が積極的に取り入れられているので、私としては面倒くさくても病院に行くのが一番かなと思います!

SPONSORED LINK

アレルギー性鼻炎に効く薬は?

こちらも、成分から分けると4種類あります。

  1. 第一世代抗ヒスタミン薬
    アレルギー症状を引き起こす働きを弱めて、くしゃみや鼻水の症状を良くしてくれます。
  2. 第二世代抗ヒスタミン薬
    炎症を抑える働きをします。
  3. 血管収縮薬
    広がってしまった血管を収縮させて鼻づまりを和らげてくれます。使い続けると逆に症状が悪化するので気をつけなければなりません。
  4. 遊離抑制薬
    アレルギー症状の原因に関係のあるヒスタミンの働きを弱めてくれますが、効き目はやや遅いです。

簡単にできる、東洋医療のアレルギー性鼻炎と花粉症の対策動画を載せておきます。

病院のメリット・デメリット

メリット

自分にあった最適の治療を受けられます。副作用のことや分からないことについて聞くこともできますし、何より安心感があります。私としては病院に行くことが一番だと思います。

デメリット

やっぱり行かなければならないという煩わしさです。でもそれで治る症状が治らないこともあります。頑張って時間を作って行きましょう……!

病院に行くべきタイミング

自分の症状はどのくらいなのか、予防対策など、症状が出ていなくても対処法の相談をすることもできます。軽めの症状で行っても迷惑なんじゃないか……と思っている方!そんなことはありませんので、自分が行きたいときに行きましょう。

花粉症とアレルギー性鼻炎

この二つの病気は日本人の多くの方が悩まされていますね。花粉やアレルギー物質を無くすことはできません。早めの対策や病院などに行っての治療をきちんとしてこの季節を乗り越えていきましょう!!

SPONSORED LINK

関連記事

コインランドリー時間乾燥(毛布布団など) (1)

結婚式の余興。鉄板で盛り上がる歌を紹介!男性向けオススメ選曲。

結婚式のお楽しみの一つと言えば、新郎新婦の友人や親戚たちによる「余興」です。余興といえば「歌」ですよ

記事を読む

水瓜女

スイカの切り方!~サイコロ編~

最近レストランやスーパーなどでよく目に付くようになったTHEサマーフルーツスイカ!!(本当は野菜だと

記事を読む

手足病

子供の夏風邪の意外な原因は?対策をここでチェック!!

もうすぐ夏ですね!夏だしどこかお出かけしたいなあと、もう予定を立てている方もいらっしゃるのではないで

記事を読む

花粉症の薬。妊娠中の妊婦は危険?鉄板で効く対処法とは?

日本人は花粉症の人が多いです。特に妊婦さんは、妊娠前よりも花粉症の症状が悪化する事が多いようです。

記事を読む

bbbb19e4493bf25de1c21b890f4f3633_s

鉄板で盛り上がる卒業ソング。アニソンランキング2016!

春が近づくと新学期…。でも新学期を迎える中には「卒業」という悲しい別れもあります。ちょっとしんみりと

記事を読む

内定式の内容は何?用意するものは?服装は?調べてみました。

内定式ってどうしたらいいか、就職できた後の最初のハードルはとても高いですよね。 緊張の一日、どう印

記事を読む

560909600ebd13c78e02bbb8a9bdb713_s

赤ちゃんの顔の保湿はコレでOK!厳選おすすめランキングはココ!

赤ちゃんの肌って、どこを触ってもすべすべもちもちで最高ですよね。でも、実は乾燥しやすくってデリケート

記事を読む

鼻かみ

インフルエンザ検査キット。費用はいくら?陰性、陽性の見分け方。

寒くなって空気が乾燥してくると流行ってくるのがインフルエンザ。かかりはじめは風邪の症状とほぼ変わらな

記事を読む

7428a85ea12e821d031c72034c7bb0fd_s

ロタウイルスの予防接種はなぜ必要?費用や副作用を超詳しく解説!

ウィルス性の下痢といえばノロウィルスが有名ですが、近頃よく耳にするのが「ロタウィルス」。乳幼児に罹り

記事を読む

a1380_000401

へそピアスは痛い?!開け方・ピアッサーの注意点まとめ!参考動画あり

本格的な夏が近づき、薄着になるこの季節。 シャツの裾から、チラリとへそピアスが見えたりすると、 「お

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑