*

しもやけの治し方はこれでOK!手、足、耳の部位別に徹底解説。

以前、高齢の母が「足が痛い」といいだしました。病院へいくとまさかの「しもやけ崩れ」という診断。重症化したしもやけだったのです。

しもやけって子供に多いと思っていましたが、近頃では大人のしもやけも増えているそうです。患部として一番多いのは手足の指と耳だといわれています。しもやけができる原因、予防法、そしてどう治すべきかを部位ごとに解説していきます。

SPONSORED LINK

しもやけの原因

しもやけとは正式には「凍瘡」という立派な皮膚病です。
寒さで血の巡りが悪くなったことによって起こります。

予防や治療は

  • 寒さを防ぐこと
  • 血行をよくすること

この2点が重要なポイントとなるのですが、実はもう一つ、大事なことがあります。

乾かすこと(蒸らさないこと)

です。手を洗ったあとよく乾かさずにほうっておくと、水滴によって手は冷えてしまいます。また、靴や靴下の中で汗をかき、足が蒸れると、湿気のせいで体温が奪われて冷えてしまいます。手足を蒸らさず乾かしておくことは、寒さを防ぎ血流をよくすることにつながるのです。

もうひとつ、意外な事実があります。しもやけといえば「冬」。寒い真冬のイメージがありますね。が、実はしもやけができ始めるのは「秋」が多いんです。朝夕の気温差が大きく、とくに足などは蒸れやすくなります。晩秋からしもやけに罹り、寒さが厳しくなるにつれ悪化して気づく、というパターンが多いようです。

67a908fb0b13e5e9d3e1e2217eeccfcb_m

部位別!しもやけの治し方

◆手袋をはめる
手袋ってめんどうなんですよね。短時間ならついつい「まあ、いいや」と省略してしまいます。でもそれがしもやけを治りにくくしているのです。外へ出るときは常に手袋で寒さを防御しましょう。そして室内に入ったらすぐにはずしましょう。つけっぱなしもNGです。

◆完全に乾かしてハンドクリーム
急いでいるときなど、手をパパッと拭いて済ませてしまいがちです。でも乾燥をおろそかにすれば、冷えてしもやけがひどくなります。ちょっとめんどうですが、きれいに乾かしてからこまめにハンドクリームを塗りましょう。皿洗いなどにはゴム手袋がおすすめです。

◆お風呂でマッサージ
お風呂に入ったときに軽くマッサージをして血行をよくしましょう。外から帰って体が冷えているとき、洗面器にお湯を張って手を浸けて揉むだけでも効果があります。

SPONSORED LINK

◆湿布を貼る
温湿布を患部に巻くとあたたまるので効果があるといわれています。しもやけ用の湿布もあるようです。が、人によってはかぶれることもありますので注意してください。

◆歩く
足先はとにかく冷えやすいものです。事務作業や立ち仕事など同じ姿勢を続けていると血流が悪くなり、しもやけを悪化させてしまいます。たくさん動き回ることで血の巡りをよくしましょう。

◆足湯をする
40℃ほどのお湯で足をあたためましょう。専用の足湯バケツなどがホームセンターで手に入ります。とくにしもやけ治療に有効だといわれている方法は、お湯と冷水、交互に足を浸けることです。しかしこの方法はストレスも大きいため、嫌がる子供などには不向きです。

交代浴の動画

忘れてはいけない足湯の一番のポイントは、よく乾かすことです! せっかく足湯で温もっても水滴が残ったままではまたすぐに冷えて元の木阿弥…どころか、しもやけを悪化させていまいます。指の間まできっちり乾かしてくださいね。

◆靴下をこまめに交換する

靴下をはきかえることで蒸れを防ぎましょう。

我が家では朝・昼・夕、と三足の履き替えをすすめられました。とくに昼間の靴下はなるべくこまめに替えると良いようです。ゴムがきついものは血流を悪くしますのでやめておきましょう。家なら足元ユルユルで過ごしても大丈夫です。

◆イヤーガードで防寒
199cbe5f4d51d230f3b046ae3201bc59_s

我が家では耳あてと呼んでいますが。外を歩くときはイヤーガードを忘れずに着用しましょう。ただし、音が聞こえにくくなることがあるのでくれぐれも気を付けてください。

◆蒸しタオルなどで温める
手足は温水につけたりお風呂でマッサージできますが、耳はそういうわけにはいきません。使い捨てカイロや温めたタオルなどで患部を温めましょう。

病院に行く場合

なかなか治らない場合、慢性化してすぐに再発する場合は皮膚科を受診しましょう。

しもやけが酷くなると赤くなって血が出たり、皮がむけてしまったりします。足指だと歩くのも大変なくらい痛みます。そして本当に治りません。私の母は春になるまで治りませんでした…。たかがしもやけ、という油断は禁物です!

しもやけの治療と予防に関するまとめ

どの部位にも共通していえることは

「冷やさない」「血の巡りをよくする」「乾かしておく」

ということです。

そのほかには「栄養を取る」という手段があります。しもやけ治療にはビタミンEが有効です。てっとりばやくビタミンEを摂取するにはアーモンドが一番。アーモンドミルクなどがお手軽でおすすめですよ。ぜひこちらも試してみてくださいね。

SPONSORED LINK

関連記事

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s

紫外線アレルギーの症状とは?原因や検査方法を超わかりやすく解説。

皆さんは、「紫外線アレルギー」のことをどれくらい知っていますか?春に多いので花粉症とセットになってい

記事を読む

ブタクサのアレルギー。注意すべき時期は?対策まとめ!

クシュン、ショボショボ、ズルズル・・・春が近づくと始まる花粉症の症状。 しかし、花粉症は春だけでない

記事を読む

巻き爪

足の親指の巻き爪はこれで治った!対策まとめ

足の親指が巻き爪になっている方は、軽度なものを含めると全人口の約10%にも達するのだそうです。10人

記事を読む

f47e260b5651d86f6116e42fed2502be_s

左のみぞおちの痛み。一番の原因と効果的な治療方法。何科に行く?

なんだか左にある心臓付近が痛む…、左側のみぞおちがズキズキする…。そんな症状ありませんか?心臓に近い

記事を読む

水虫

足の水虫の痛みはこれで治った!一番の原因と効果的な治療方法。

長時間革靴を履いていたりすると足の指がかゆくなる水虫。 でも「水虫になった」なんて恥ずかしくて

記事を読む

(はじめに)鼻毛

鼻毛に白髪は病気の危険あり?!真相を調べてみました。

若い頃には絶対になかった鼻毛の白髪。いつの頃から鼻毛に白髪が混じっているのに気が付きましたか。 『

記事を読む

イラスト2

妊婦の陰部のかゆみの原因とは?薬の効果は?超効果的な予防と対策。

女性は妊娠すると様々な身体の変化があります。今まで大丈夫だったものが、急にダメになったり、すぐに体調

記事を読む

発熱イメージ

おたふく風邪の大人の症状。腫れはひどい?初期症状と治療方法。

おたふく風邪なんて子供がかかる病気でしょ?と、侮っていた去年の私は、まんまとおたふく風邪の餌食となり

記事を読む

a0001_017114

おたふく風邪は感染する?潜伏期間は?予防と対策方法の詳細。

おたふく風邪ってご存知ですか? もちろん名前は知っているという方がほとんどだと思います。では実

記事を読む

髭が生える意味って?超わかりやすく解説!面白検証動画も!

女も男も悩みの一つになりうる髭。 女の人にとって髭って本当にいらない存在!! ムダ毛ランキングつけた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑