*

年賀状の書き方。宛名は夫婦連名で書くべき?マナー違反に要注意!

今年も年賀状のシーズンがやってきましたね。皆さんは年賀状を書いていますか?一年に一回のご挨拶を兼ねて、昔からの風習である年賀状は、是非続けていきたい日本の伝統ではないでしょうか?

学生時代の友達から、結婚しました、家族が増えました。などのハガキが来るととてもうれしくなります。また家族ぐるみのお付き合いのお友達には、お互いの近況を報告しあう絶好の場ですよね。毎年送付する方々は、リスト化しておけば、すぐに次の年に出すことも出来ます。

SPONSORED LINK

でも、いつも迷うのは、自分の友人が結婚した時、旦那様のお名前と連名で送るべきか?それとも、友達の名前だけでよいのか?そんな、年賀状の宛名の書き方について調べてみました。

宛名の基本的な書き方やマナー

年賀はがき_宛名面もと

年賀状の宛名を書くときの基本的な書き方とマナーは以下の通りです。
  1. 宛名は、お名前の漢字や敬称などを間違えないようにすること。
  2. 旧字体や仮名づかいなどは気を付けましょう。
  3. 宛名(名前)は、文字間をバランスよく空け、わかりやすいように、住所・差出人名より大きめの文字にしましょう。
  4. 敬称は個人名の時には「様」に統一しましょう。
  5. 住所は、お名前よりも小さめの字で書きましょう。名前よりも高い位置からスタートする様にしましょう。
  6. 都道府県を省略する場合が多いですが、マナー的には記載した方がよいです。
  7. マンション名などは、改行し、下げた位置から記載しますが、下ぞろえにした方がバランスが良く見えます。
  8. 差出人は、宛名・住所よりも小さな文字で記載します。

最近はパソコンの宛名ソフトを使う事が多いですが、その場合でも、文字の大きさや場所はきちんと指定し、整った宛名になるように心がけましょう。

SPONSORED LINK

 

宛名は夫婦連名にすべき?

結婚している友達に送る場合、夫婦連名で送るかどうか?は迷うところです。もしも、家族ぐるみのお付き合いをしているならば、連名でお送りした方がいいですね。それぞれのお名前の下に必ず「様」をつけましょう。お子さんも知っていたら、○○ちゃんや○○君など、名前を入れてあげると、子供達も喜びますよ。家族多い方には、「ご家族の皆様」などの表記でもよいです。

もしも、お相手の方にはお会いしたことがない場合などは、自身の友達あてで良いでしょう。ちなみに私の友達は、ペットの名前もちゃんといれて送ってくれます。

会社向け宛名の書き方

写真1

仕事で取引先に出す年賀状の宛名書きには、下記の事を気を付けましょう。
  1. 社名や部署名・名前を記入する際には、社名・部署名には敬称をつけません。個人の名前の下に「様」を記載します。
  2. 会社あてで、個人名が特にない場合は、社名・部署名に「御中」をつけます。
  3. 通常略しがちな株式会社なども、(株)としないように、きちんと記載します。

会社あての年賀状は、お送りしているこちらのビジネスマナーも見れますので、きちんと記載しましょう。

イラスト3

マナー違反になるのはどんな時?

年賀状を書く場合、マナー違反になるのは下記のようなことです。
  1. 書き損じたときに修正液・修正ペンを使うこと。
  2. 本文が縦書きの場合は、宛名も縦書き。横書きの場合は、宛名も横書きで構いませんが、目上の方や会社で出す場合は、宛名は縦書きにしたほうが失礼がありません。
  3. 宛名の数字の書き方は、縦書きなら漢数字で、横書きなら英数字で書きます。

年始のご挨拶、間違った礼儀の物をお送りしてしまったら、あなたの品格や教養を問われますので、是非ご注意を。

【関連記事】こちらも合わせてご覧ください!
お年玉つき年賀状。当選番号の確認方法は?景品交換はどうする?
年賀切手は郵便局以外で買える?コンビニは?種類や購入方法。

いかがでしたか?難しいことはありませんが、一枚一枚丁寧に年賀状を書くことは、一年を振り返り、新しい年を始める準備にもなりますね。今年も素敵な年賀状を作りましょう!

SPONSORED LINK

関連記事

29a2afd568cbfe129f9c243abf0a4e90_s

夏バテ予防の食事や食材!解消に超効果的な食べ物を徹底紹介!

毎年夏が近づくと年々気温が上がっているそんな感じしますよね。 熱中症になり現状亡くなられている

記事を読む

ブラシ

高校生の抜け毛はどれくらい?平均は?原因と対策まとめ

抜け毛薄毛・・・それは大人の男性について回る髪の毛のアクシデント。男性ほどではありませんが、最近では

記事を読む

スマホ 手袋

スマホ手袋の仕組みとは?超簡単に出来る自作の裏技はコレ!

スマホの普及とともに、増えてきたスマホ手袋。年々バリエーションも増えてきていますよね。 私も今

記事を読む

コスモスの開花する時期とは?!詳しく解説!!

「コスモス」、古くから日本人になじみのある花ですよね。 昭和の名曲にも「秋桜」という曲があります。

記事を読む

写真1

みかんの食べ過ぎは太る?幼児や子供の病気の心配は?徹底調査!

毎年、寒くなって来るとみかんの季節だなと感じます。我が家では、お正月には必ずみかんが沢山ある、という

記事を読む

内定式の挨拶はこれでOK!例文あり。わかりやすく解説。

就職活動を無事に終え、見事内定を獲得した皆さん! まずはお疲れ様でした(*´▽`*)ホッと一息ですね

記事を読む

イルミネーション 屋外

屋外でイルミネーション。電源やコンセントの注意点まとめ

観光スポットなどで見かけるイルミネーション。暗闇の中で輝く光、幻想的できれいですよね!また、家庭用の

記事を読む

さんま 塩焼き 内臓

さんまの塩焼き。内臓は食べられる?食べ方は?寄生虫の危険は?

秋刀魚(あきのさかな)と書いてサンマと読む。そんな季節の訪れを感じさせてくれる日本人ならではの和食の

記事を読む

写真1

みかんの食べ過ぎは肌に悪い?便秘や下痢の心配は?効果効能まとめ

日本人なら、こたつにみかん が定番ですよね。こたつはなくても、みかんだけは、冬の果物として欠かせませ

記事を読む

a74eef63beffaabee329758a275a83b8_s

オクラを生で食べる方法。美味しい食べ方はコレ!栄養満点って本当?

スーパーや八百屋さんに行くと必ずおかれている、食卓やお弁当の定番とも言えるオクラですが、みなさんはど

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑