*

こんにゃくの黒い粒の正体。身体に良いの?悪いの?詳しく解説

日本では馴染み深い食材として子供の頃から多くの人に食されてきた「こんにゃく」。灰色に黒い斑点、表面はつるっとして光沢があり、弾力のある食感…。

昔からあまりにも普通に食べていたもので、こんにゃくとは『そういうもの』としか思っていませんでした。しかし先日、ふと気になってお鍋に入れようとしていたコンニャクをじっくりと眺めてみたんです。

SPONSORED LINK

「この黒い粒はなんなんだろう? 原料は確かイモ科の何かだった筈だけど…なんでこんなにつるつるテカテカしてるんだろう? なんでこんなに弾力があるんだろう?」

これまでの人生の中で大して気にもしていなかった「こんにゃく」という食材が、一気に謎に包まれた物体へと変わった瞬間でした。今回はそんな、一度気になりだすと止まらない謎多き食材「こんにゃく」について、私が調べたことをご紹介させていただこうと思います。

  • こんにゃくは何からつくられている?
  • こんにゃくはどうして黒い?こんにゃくの中の黒い粒は何だろう?
  • 白いこんにゃくとどちらが健康によいの?
  • 糸こんにゃくと白滝はどう違うの?
  • 生芋こんにゃくと普通のこんにゃくってどう違うの?
  • 生芋こんにゃくとは…
  • 普通のこんにゃくとは…
  • こんにゃくについて調べてみて…

こんにゃくは何からつくられている?

まずコンニャクについて知る上で、最も根本的な情報について確認しておきましょう。「こんにゃくは何からつくられているのか」。これは一般常識として既に知っている人も多いですよね。

こんにゃくの原料となるのはコンニャクイモです。
そもそも「こんにゃく」と呼ばれるのは私たちが知っている食材のことではなく、植物の名前なのだそうです。その植物にできる球根(イモ)から作られた食べ物だから、植物と同じ名で「こんにゃく」と呼ぶようになった… ということなんですね。

では、コンニャクイモを潰したり茹でたりすればあの灰色でぶよぶよしたコンニャクが作れるのか?というと、それもまた違うようで…。食品としてのこんにゃくを作るには、コンニャクイモの他に水酸化カルシウムなどの凝固剤が必要になるのだそうです。あのぶよぶよと弾力のある固形のこんにゃくは、コンニャクイモだけでなく凝固剤を入れることによって意図的に作られていたんですね。

181782

こんにゃくはどうして黒い?こんにゃくの中の黒い粒は何だろう?

さて、こんにゃくの材料がわかったら、次はいよいよ気になっていたあの「黒い粒」についてです。あれは果たして何なのか… 私の予想ではコンニャクイモの成分が固まったものとか、そんなものだと思っていました。

が… 調べてみると、なんとあれはコンニャクイモの成分でも、ましてや混ぜられていた凝固剤などでもなく、こんにゃくとは何も関係のないひじきなのだそうです!一体なぜ、ひじきが…?

さらに詳しく調べてみたところ、昔はひじきを入れなくてもコンニャクは自然と黒い色になっていたのだそうです。その理由は作り方にありました。昔はこんにゃくを作る時、皮ごとすり潰したコンニャクイモに灰汁を混ぜて作っていました。この混ぜられた皮や灰汁がこんにゃくを黒くさせていたのです。

しかし時が進み新しい作り方が開発されると、こんにゃくの色は黒から白いものへと変わっていきます。ところが、この白いこんにゃくは「コンニャクらしくない」と消費者に受け入れられず、仕方なくひじきなどの海藻を混ぜることで、わざと元のような黒っぽい色をつけた… ということなのだそうです。昔ながらの色を再現する為にわざと必要ないひじきを入れるなんて…。黒い粒の正体を知った時には驚きましたが、なんともおかしな逸話ですね。

白いこんにゃくとどちらが健康によいの?

ここまでで、こんにゃくの黒い粒の正体と、何故こんにゃくが黒っぽい色をしているのかはわかりました。では次の疑問… 黒いこんにゃくと白いこんにゃくでは、どちらの方が健康に良いのでしょうか?上で説明したように、こんにゃくの色の違いは作り方によるもので、それぞれの作り方をもう少し具体的に解説すると以下のようになります。

  • 黒いこんにゃく
    コンニャクイモを皮ごとすり潰し、凝固剤を混ぜて茹で固める。
  • 白いこんにゃく
    コンニャクイモの皮を剥き、乾燥させて粉状にしたものに凝固剤を混ぜて茹で固める。

現在では後者の「白いこんにゃく」の方が流通しています。が、前の項で説明したように「コンニャクらしくない」として受け入れられない地域も多く、そういった所ではひじきなどの海藻類を混ぜてわざと黒くした「白いこんにゃく」が売られています。ややこしいですね。逆に、前者の方法で作られた海藻類などの入っていない「黒いこんにゃく」はというと、今日では「生芋こんにゃく」と呼ばれ、ちゃんとスーパーなどでも売られています。

では「白いこんにゃく」と「黒くした白いこんにゃく」と「生芋こんにゃく」では、一体どれが一番健康に良いのでしょうか?残念ながら「これ!」と言える信憑性のある情報は見つからなかったのですが、一部では生芋こんにゃくの方が美肌効果の高いセラミドを多く含んでいるといわれています。

また「黒くした白いこんにゃく」には、現在ではひじきの他にアラメやカジメなどの海藻類も使われています。海藻といえば身体に良い食材として有名ですし、調理する際に味がしみこみやすいというメリットもあるそうです。

どのこんにゃくにも共通して言えるポイントとして、低カロリーで食物繊維が豊富であるという点があげられます。昨今ではダイエット食品として様々な形で商品化されたりもしていますし、どのこんにゃくを食べても健康に良いことは間違いないでしょう。

SPONSORED LINK

糸こんにゃくと白滝はどう違うの?

834476c59a2a947d61e419c3bc8dc9e8_s
では次に… 四角いこんにゃくとはまた違いますが、「糸こんにゃく」と「白滝」はどう違うのでしょうか? こちらの疑問の方がよく耳にする気がしますね。

結論から言うと、どちらも同じものです。
ただ、昔は関東と関西で作り方が違い、関東での作り方のものを「白滝」、関西での作り方のものを「糸こんにゃく」と呼んで別物として扱っていたそうです。しかし、現在では作り方の違いもなくなり形もほとんど同じものとなっています。昔の名残で関東では「白滝」、関西では「糸こんにゃく」という呼び名だけが残っているようです。

生芋こんにゃくと普通のこんにゃくってどう違うの?

それでは最後の疑問。スーパーなどで見かける「生芋こんにゃく」と普通の「こんにゃく」ではどう違うのでしょうか。

これについては前の白いこんにゃくとどちらが健康によいの?でも解説しましたが、改めてわかりやすいように動画を参考にしながら説明しましょう。

生芋こんにゃくとは…

生芋こんにゃく造り

コンニャクイモを皮ごと摩り下ろし、凝固剤と混ぜて練ったものを茹で固めています。出来上がったコンニャクに黒い粒がありますね。

普通のこんにゃくとは…

こんにゃく作り体験@群馬県甘楽町 Devil’s Tongue Konjac gel

  
コンニャクイモをそのまま摩り下ろすのではなく、粉状にしたものに水を加えて練っています。更に凝固剤を入れて茹で固めます。生芋こんにゃくと比べ色が白いです。ここにひじきなどの海藻類を混ぜると生芋こんにゃくと同じような黒いこんにゃくになります。

「生芋こんにゃく」と普通の「こんにゃく」の違いは、作り始める時のコンニャクイモをそのまま摩り下ろすか、粉状にしてから使うか、という製法の違いなんですね。

こんにゃくについて調べてみて…

a0002_004823

今回は「こんにゃくの黒い粒はなんだろう?」という疑問から、こんにゃくについて色々と調べてみましたが、自分でも思った以上に沢山の謎があったことに驚かされました。こうして様々な疑問を紐解いてみると、製造法から見た目や名前の由来まで、コンニャクという食材には深~い歴史があるんですね。

今度、こんにゃく料理を食べる時には、こんにゃくを見る目が変わりそうです。皆さんの食卓に並んでいるこんにゃくは、どんな名前でどのように作られたものですか?

SPONSORED LINK

関連記事

じゃがいも 育て方 栽培 方法

じゃがいもの育て方。栽培に適した時期やプランター、肥料の選び方。

マンションの小さなベランダの一角でする家庭菜園が、最近巷で流行っていますね。そこから熱が入って、レン

記事を読む

fab663268f789181f888ac385ccfebee_s

梅の育て方まとめ。剪定、肥料はどうする?初心者必見の動画つき解説

桜と並び古くから日本人に親しまれてきた花、『梅』。春先には素朴な花の見た目だけでなく芳しい香りでも私

記事を読む

929c46152e585180b7577746585d8ba3_s

給食袋の作り方。超簡単!動画付きで複数パターンを詳しく紹介!

最近は小学校では給食袋をもたされることがほとんどのようです。私の時は給食袋といえば各クラスに学校から

記事を読む

鍵屋 玉屋 花火

花火の掛け声はなぜ「鍵屋」と「玉屋」?解説します。

質問です! 「た~まや~!」、「か~ぎや~!」と聞いて何を思い浮かべますか? この質問に

記事を読む

d3695b61a1e60574252cb6726ab98da0_s

シクラメンの育て方まとめ。誰でも分かる超簡単な解説!動画あり。

シクラメンは安値で買えますし育てやすい花です。ガーデニングを始めたいと思っている初心者の方にオススメ

記事を読む

ヘッドライト黄ばみコーティング (1)

ヘッドライトの黄ばみ対策。コーティング剤の賢い選び方と使い方。

先日、車のヘッドライトが黄色くくすんでいることに気がつきました。キレイに磨いて汚れを落とし、ピカピカ

記事を読む

こたつの温度。高すぎは危険?低温やけどを防ぐポイント。

冬になるとこたつは手放せない!って方も多いのではないでしょうか。こたつにみかん、なーんて最高の組み合

記事を読む

雷 へそ 由来

雷でへそを取られる?!気になる由来を徹底調査

子供の頃に「雷が鳴るとおへそを取られちゃうぞ~」なんて、大人に脅かされたりしたことはありませんか?

記事を読む

a1180_009188

風呂掃除には重曹とクエン酸が効く!浴槽がピカピカになる裏技とは?

毎日の風呂掃除、ときにめんどくさいなぁ~と思ってしまうこともありますよね。今回は重曹とクエン酸を使っ

記事を読む

つり革

車につり革?!理由は?色々と調べてみました。動画あり。

車につり革・・・・ この二つのワードを聞いた時に「えーなんで? そんな事しなきゃいけなくなった

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑