*

口内炎の痛みは食事で治す!はちみつが効果的な理由とは?

口内炎になっているときって、辛いものや熱いものがしみて食べられなくなりますよね。私も定期的に唇の裏を噛んで口内炎になっています……。

そんな口内炎には、「はちみつ」が効くらしいんです。

SPONSORED LINK

口内炎の原因

1ec2302cac84c5bc02ca254fe3da3821_s

口の中は、傷ができたり体の抵抗力が落ちていたりすると外から入ってくる細菌や元々口の中にいる細菌に過敏に反応し、口内炎となってしまいます。

口内炎には様々な原因があり、それぞれ治療法も異なります。

  • アフタ性口内炎

最も一般的な口内炎で、疲れやストレスによる抵抗力の低下やビタミンB2の不足によってできると言われています。

  • カタル性口内炎

矯正装置や冠が当たって粘膜が部分的に赤くはれるのが特徴的です。

  • 潰瘍性口内炎

虫歯や入れ歯が合わない状態で放置してしまった時に、尖っている部分が口の粘膜を傷つけてしまうことにより起こる口内炎のことです。

  • カンジダ性口内炎

カンジダ菌と呼ばれるもともと口の中にいるカビの一種が入れ歯や口の中が不潔な状態になると多く発生して白い膜となって表れます。

  • ウイルス性口内炎

ウイルスや細菌に体が感染してしまうことによりできる口内炎です。

  • アレルギー性口内炎

口の中に金属アレルギーがある場合、金属に接している部分やその周辺が赤く腫れる口内炎ができることがあります。

 

口内炎にはちみつは良い?悪い?

ずばり、「すごく痛い」そうです。やっぱり、口内炎のあの白い部分に物体が触れること自体、激痛を伴うようです。

しかし、はちみつが患部をカバー殺菌・消炎作用が働いて口内炎の治りを良くしてくれるのは「本当」です。

はちみつにはもともと、強い殺菌・消炎作用があり、日本薬局方では医薬品として記載されているほどなんです!口内炎の他にも、やけど・しもやけ・切り傷などの治療に使われることがあります。

 

口内炎に良い食事

110ce6d08d27199f43f6aa8c4077e4fb_s

一般的な口内炎は、ビタミンB2、B6、C、Aが不足しているせいでできてしまいます。

はちみつ以外でこれらの栄養を摂ることのできる食べ物は、

 

  •  ビタミンB2

レバー・うなぎ・魚卵・サバ・イワシ・乳製品などの動物性食品・納豆などの大豆食品

  • ビタミンB6

レバー・魚の赤身・ヒマワリの種やピーナッツなどの種実類・バナナ

  • ビタミンC

ブロッコリーやパセリ、ピーマンなどの緑黄色野菜・いちご、アセロラなどの果物

  • ビタミンA

ほうれん草・にんじん・カボチャなどの緑黄色野菜

 

口内炎の時には固いものが食べづらくなるので、スープやリゾット、おかゆなどのように柔らかく調理して食べるのが良いと思います!

 

SPONSORED LINK

まとめ

私事なんですが、高校時代に同級生に「口内炎って口の中噛んだらできるじゃん?噛む前の腫れてる時点でもう口内炎なんだぜ」って得意げに言われたことがあって、何だか納得してしまって今までそれを信じて口内炎と向き合ってきました。

今回良い機会だと思って調べてみました。

 

そのような情報は「いっさい」ありませんでした。

 

この数年間、ずっと騙されていたのかと思うと、実は悔しいわけではないです。まあそうだよねって、これまた妙に納得です。

 

あと、口内炎のレーザー治療の動画を見つけました。

麻酔をかけているので本人は痛くないにしろ、こっちは痛々しくて見てられません!でも興味ある方はどうぞ!笑

 

昔に比べて、口内炎も市販で買える薬の種類も増えてきましたね。塗り薬や吹き付けるもの、飲み薬や絆創膏のように直接貼付けるもの。でもやっぱり口を噛むと痛いし、口内炎によって更にストレスは増すばかりです。やっぱり日頃からビタミンを気にして摂ることが口内炎予防の一番の近道ですね!

SPONSORED LINK

関連記事

花粉症の薬。強さランキング2016!市販のおすすめは?最新チェック!

花粉症は本当につらいですよね。患者が多い分、ドラッグストアにはたくさんの種類の花粉症の薬が並んでいま

記事を読む

24285123-白い背景の上の彼女の肘の痛みを持つ若い女

肘の痛み。内側が痛い原因!しびれの治療や失敗しない病院の選び方

最近、母が「特に何もしていないのに、手や手首を動かすと肘の内側が痛くなるのよ~。」とぼやくようになり

記事を読む

ホテルからの夜景

花粉症やアレルギー性鼻炎の症状と対策。薬は有効?病院は必要?

もうすぐ花粉症やアレルギー鼻炎に悩まされる方が多くなってくる時期ですね。 花粉症は毎年ニュースで取り

記事を読む

3c2505cb5bc9cdcfe2f25db1c1391a60_s

犬の熱中症の症状。正しい対策・治療とは?間違った処置は危険?

私は昨冬から犬を飼い始めました。 まだまだ子供で、いたずら好きで、でも可愛くて…! 犬と一緒に

記事を読む

きのこ鍋

痛風に効く食事。良いものダメなものは?オススメランキング紹介!

痛風は、かつて贅沢病と思われていた時代がありました。というのも、尿酸値を上げ痛風を起こしやすいプリン

記事を読む

a0006_001426

赤ちゃんのゲップはいつまで?やめるタイミングとやめさせるコツ。

赤ちゃんのミルクの後はゲップをさせるって知ってはいるけど、これっていつまでするのが正しいのかは知らな

記事を読む

a0006_001870

赤ちゃんの下痢が続く原因は?元気でも病院は必要?症状と対処法。

赤ちゃんはよく下痢をしたり、風邪をひいたりしますよね。下痢をしていても、体は元気でよく動いたりするこ

記事を読む

117833

親知らず抜歯後の腫れや痛み。ピーク期間は?痛くない方法はある?

皆さんは、親知らずって生えていますか? 私は4本とも生えていたのですが、先日、ぜんぶ抜きました! 歯

記事を読む

a0780_000901

子供の熱が続く原因は?元気に見えても病気なの?対処法一覧。

「子供はよく風邪をひくもの」とわかってはいても、熱が続くととっても不安になってしまいますよね。生活環

記事を読む

虫垂炎の初期症状とは?下腹部の痛みは危険?盲腸との見分け方。

「お腹が痛い!!」と腹部に激痛を感じて、想像するのは“盲腸”か“虫垂炎”ですよね。盲腸の方がメジャー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑