*

左のみぞおちの痛み。一番の原因と効果的な治療方法。何科に行く?

なんだか左にある心臓付近が痛む…、左側のみぞおちがズキズキする…。そんな症状ありませんか?心臓に近いみぞおちだと誰もが心配になるかと思います。

今回はそんな左のみぞおちの痛みはこう治す!一番の原因と効果的な治療方法をご紹介します。

SPONSORED LINK

左のみぞおちの痛みの原因

原因

暴飲暴食をしたり、刺激の強い調味料、例えば唐辛子・にんにく・等を使った食事をしてしまったあと、そしてまたアルコールを過多に摂取してしまった後などに痛みを感じます。

なぜならばそれは内臓に負担をかけてしまっているからです。

また食事だけではなく仕事や日常生活で精神的なストレスを抱えてしまうと交感神経と副交感神経という自律神経のバランスが崩れてしまいホルモンや神経系の伝達物質が過剰になるのです。

よくあるのがストレスにより胃酸が大量に分泌され、胃や十二指腸という消化器官の細胞膜を傷つけてしまいみぞおちの痛みを感じることがあります。

もしくは、盲腸の初期症状としてみぞおちに痛みがみられることもあるのです。

f47e260b5651d86f6116e42fed2502be_s

悪化するとどうなる?

f22f65615a46a1e1316b6b870ad36a07_s

そのままにしておくともちろん悪化してしまいます。

悪化するとどうなってしまうかというと挙げられる疾患は

  • 急性胃腸炎
  • 神経性胃炎

などになってしまうでしょう。そして下手したら盲腸になってしまいます。

 

治療方法

394901e1acdfe7a00a97a420031a6342_s

早く治すには?

まずはみぞおちに違和感を覚えた時点で病院にいきましょう。医師に診てもらうのが最善策です。

何科?

1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s
みぞおちに違和感を覚えた時点では内科でも十分でしょう。

ですが、あまりにもみぞおちの痛みを感じているのであれば消化器科へ行きましょう。

もしかしたら急性胃腸炎などで胃が炎症している可能性があります。

それでも診断に問題なければ自律神経の乱れから表れている症状かもしれません。

その場合は心療内科や精神科に行くことをお勧めします。

一見心療内科や精神科というのは行くのには抵抗があるとおもいます。

しかし、知らないところでかかっているストレスを医師が診察してカウンセリングのもと薬を処方してくれるでしょう。

治療方法は?

第一に規則正しい生活を行うことを心がけることが重要になります。

例えば朝食をとらずに仕事に向かい、長い時間空腹の状態から昼食や夕食をとってしまうと胃に負担がかかってしまいます。

また、寝る直前などの深夜の食事も内蔵に負担をかける原因になってしまいますので避けるようにしましょう。

 

そして健康であるためには「栄養」「休養」「運動」のこの3つが大変重要になってきますので最低限の運動も日常生活に取り入れながら行っていきましょう。

 

治療法としては市販の薬やまたは病院での診察が主になります。

もし、暴飲暴食など、アルコールの過剰摂取の心当たりがある場合は胃腸薬を服用するといいでしょう。

食事など思い当たることがない場合は自分の知らないところでストレスがかかっているはずです。

神経性胃炎に効果のある薬も市販で販売されていますが、カウンセリングを受けることをお勧めします。

身体というのは心よりも弱いものです。「まだ大丈夫」と思っていても実は身体は悲鳴をあげています。その場合は先ほどご紹介したように病院に行きましょう。

 

失敗しない病院の選び方

今ではインターネット社会ですから、近くで通える病院を検索するといいでしょう。

いくつかピックアップしたらその後は「口コミ」でその病院の評判を見てみます。

意外と投稿されていて過去に通っていた患者さんの意見や感想なども掲載されています。

 

仕事や家事・育児に追われてつい自分のことは後回しになりがちです。

ですが、違和感や痛みを感じることはあなたへの身体からのサインですのですぐに病院にいくようにしましょう。

SPONSORED LINK

関連記事

便秘 解消 食べ物

便秘を解消する食べ物はこれでOK!食生活で改善された方法とは?

「もう3日もお通じがない…」なんて、人には言いづらい便秘の悩み。 便秘は放置しておくと、お腹が

記事を読む

7c9e8ce886317709bfd83374375e0695_s

溶連菌の大人の症状。仕事は休むべき?日数は?薬は効くの?徹底調査

皆さん、溶連菌というのはご存知ですか?溶連菌とは、溶血性連鎖球菌と呼ばれるばい菌のことです。 この

記事を読む

血液検査のCK。高い?低い?基準値は?大人と子供の違いはある?

血液検査項目の中に、CKという表記がありますが、一体これは何を表すものなのか、結果の数値を見ただけで

記事を読む

病気

赤ちゃんの下痢!離乳食はやめるべき?おすすめレシピとNGな食事

赤ちゃんの病気ってどうしたらいいか分からないですよね。なにせどこが痛いのか、どういう風に痛いのか教え

記事を読む

a0780_000901

子供の熱が続く原因は?元気に見えても病気なの?対処法一覧。

「子供はよく風邪をひくもの」とわかってはいても、熱が続くととっても不安になってしまいますよね。生活環

記事を読む

左下腹部の痛み。女性の症状と原因は?便秘やチクチクの放置は危険?

下腹部の痛みなど、男性にはわからない痛みが女性にはありますよね。 (個人的には月経で痛い時くらい、手

記事を読む

a0006_001002

赤ちゃんの鼻づまり。グズって寝れない夜に有効な原因と対策まとめ

小さい赤ちゃんはよく風邪をひいたり、熱を出したりします。特に呼吸がしにくく苦しそうにしているのが、鼻

記事を読む

むくみ 足 解消 グッズ ソックス

足のむくみ解消グッズを一挙紹介!着圧ソックスの効果とは?

「夕方になるとブーツがキツイ!」というこのフレーズ。 すぐに連想されるのは「足のむくみ」ですよね。

記事を読む

(はじめに)鼻毛

鼻毛に白髪は病気の危険あり?!真相を調べてみました。

若い頃には絶対になかった鼻毛の白髪。いつの頃から鼻毛に白髪が混じっているのに気が付きましたか。 『

記事を読む

a0001_017114

おたふく風邪は感染する?潜伏期間は?予防と対策方法の詳細。

おたふく風邪ってご存知ですか? もちろん名前は知っているという方がほとんどだと思います。では実

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑