*

枝豆の簡単な栽培方法。害虫で失敗しないコツやプランター選び。

最近小さな家庭菜園を始めてみて、自分で作った野菜ほど安心で美味しい食材はない!と遅まきながら気付いた私です。

今回は枝豆を家庭で簡単に栽培する方法について、誰にでもわかるようにお伝えしたいと思います。子どもさんなら夏休みの自由課題のついでに、大人ならビールのおつまみに、自分で作った獲れたての枝豆はいかがでしょうか?

SPONSORED LINK

枝豆の栽培に適した季節や収穫時期について

cd100d24d8ecf5eff5f37a0a1bc0351c_s

枝豆の植え付け時期は4月上旬~6月下旬。

2ヵ月半ほど栽培して、6月中旬~9月下旬が収穫の時期となります。

暑い夏にビールと枝豆、というイメージの通り、まさに夏が旬の野菜なのですね^^。

そのため暑さには割りと耐性がありますが逆に寒いのは苦手で、13℃以下で育てていると、空莢(からさや)といって中身のない残念な枝豆ができてしまいます。25℃~28℃が生育に最適の気温範囲です。

 

えだまめ栽培で必要なもの

家庭でプランター栽培する場合、必要なものはたったの4つです。

  • 枝豆の種もしくは苗
  • プランター
  • 鉢底石
  • 培養土

 

プランターや苗の選び方

ca3ba1d587340e7d31f19ac5c6ef762b_s

枝豆の種もしくは苗

まぁ、これがないと始まりませんね(笑)。種から育てるか苗を買うかですが、個人的には苗をオススメします。苗ならそのまま移し変えるだけなので簡単ですが、種からとなると、いったんポットに種を蒔き、発芽させ、それから移し変えて…と作業が増えるので面倒というだけの理由です。

また、枝豆の品種は400以上もあると言われていますが、「早生種」「中生種」「晩生種」と3種類に大別されます。それぞれ種の色が普通・茶豆・黒豆と違っていて、味も勿論変わってきます。

初心者向けは「早生種」。まずはオーソドックスな枝豆からチャレンジされることをオススメします^^。

 

プランター

ある程度深さがあるプランターで、できれば支柱とセットになっているものがオススメです。

 

鉢底石

プランターの底に敷く石です。水はけをよくし、土が流出するのを防ぐ役割があります。

 

培養土

最もお手軽に栽培するならコレ。肥料が要らないので、便利ですよ。

SPONSORED LINK

 

栽培方法

手順

1.植える

まず鉢底石を敷き詰め、上から培養土をかぶせて土作りです。適度に水を蒔いてから、そこに買ってきた苗を30cmほどの間隔をあけて植えてください。

 

2.定期的な水遣り

土の表面が乾いたな、と思ったら水をあげるくらいの感覚でOKです。プランターの底から水が勢いよく流れ出るまでたっぷりあげてください。

 

3.間引き

もし同じ場所から2株以上の株があったら、手で抜き取って間引きします。

 

4.土寄せと追肥

土寄せは株が倒れるのを防いだり、畝の水はけをよくしたりする効果があります。だいたいの目安で構いませんので、株が大きくなってきたときに一回、花が咲きそうだな…と思ったら一回、それぞれ一番下にある初生葉が隠れるくらいまで盛ってください。

また、追肥も大切な作業です。3週間に一度の目安で追肥して、成長を促してやってください。もし栄養が足りない様子でしたら、液状の肥料を買うのがオススメです。

 

失敗しない方法/注意点

水の遣りすぎは根腐れを起こす原因になりますので要注意です。表面が乾いたときに、たっぷり水をあげていればそれで充分です。

追肥をしてくださいと書きましたが、実は枝豆は他の野菜に比べると、そこまで肥料を必要としない強い野菜なので、元気にすくすく育っているようなら追肥を見送ってもよいと思います。あまりに栄養をあげすぎると、逆に空莢が多くなってしまうこともあるようなので…。ここの判断は素人には難しいところですが、苗が元気そうならOKということで^^。

 

病気・害虫対策

枝豆はあまり病気にならないものですが、気をつけたいのはハトや害虫です。苗を買って移し変える場合、ハトは心配いりません。ただ、カメムシやシンクイムシなどの害虫はどうしても発生しやすいので、注意が必要です。

枝豆の実の中に虫が入るなんて絶対に許せない方は、虫除け剤を使うのが最も効果的ですが、それだと家庭菜園で育てている意味があまりないような気もします。できれば寒冷紗などを使って対策してみてくださいね。

 

こちらの動画は、深町さんという園芸家の方がアップしている枝豆の栽培方法の動画です。実際に植え付けるところなどを観れるので便利です。

 

まとめ

2ヵ月半という短い期間で収穫できるので、何でも長続きしない飽きっぽい人でもとっかかりやすそうですね。私は兵庫出身で丹波の黒豆が大好きなので、今年はそっちに挑戦しようかなぁと目論んでいます。自家製の黒豆って、なんかかっこいいですよね(笑)。

SPONSORED LINK

関連記事

5b70fd2fc5ffe8189c636121ee5b2468_m

浮気する男の特徴はこう見分ける!効果ありすぎ超簡単チェック方法!

人はどうして浮気するのでしょうか。それは浮気心が芽生えない人間にはきっと分かり得ない事です。でも、浮

記事を読む

さんま 塩焼き 内臓

さんまの塩焼き。内臓は食べられる?食べ方は?寄生虫の危険は?

秋刀魚(あきのさかな)と書いてサンマと読む。そんな季節の訪れを感じさせてくれる日本人ならではの和食の

記事を読む

こんにゃくの黒い粒の正体。身体に良いの?悪いの?詳しく解説

日本では馴染み深い食材として子供の頃から多くの人に食されてきた「こんにゃく」。灰色に黒い斑点、表面は

記事を読む

年賀切手は郵便局以外で買える?コンビニは?種類や購入方法。

12月に入ると、「そろそろ年賀状の準備をしないとなぁ」なんて考えて、 年の瀬が迫っていることを感じま

記事を読む

神社お守り処分 (1)

お守りの処分は神社で?燃えるゴミ?正しい返却方法とタイミング。

受験や出産など、人生の大事な場面では多くの人が手にする「お守り」。現代ではどこの神社やお寺でも「旅行

記事を読む

結婚式の余興。鉄板で盛り上がるダンスは?男性向けおすすめ選曲集!

結婚式で、新郎新婦から「忙しいのに申し訳ないんだけど……」と余興を頼まれる経験は誰にでも1度ならある

記事を読む

湘南ひらつか七夕まつり 日程

職場でのいじめ。困った時の相談先はどこ?

職場でいじめにあった時、一体どこに・誰に相談すればよいのでしょうか。 社会で生活するのに切っても切り

記事を読む

ミサンガの色の意味を色別に解説!おすすめ&NGな組み合わせは?

手首や足首に巻いておき、「自然に切れると願いが叶う」というミサンガ。お守りですが、アクセサリーとして

記事を読む

a0027_002783

幼稚園のお名前シール。アイロンとスタンプの違いやメリット。

来年からうちの子も幼稚園。仲良しの友達できるかな、幼稚園や先生に慣れてくれるかな、なんていろんな心配

記事を読む

プールのルールとは?知らないと恥ずかしい基本の知識!

夏になると行きたくなるのが海やプールです。 でも、プールに入る際にもルールがあるのをご存知ですか。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑