*

足の裏の魚の目が痛い!一番の原因は?治療方法や対策を簡単チェック

私はなったことはないんですが、皆さん口を揃えて「痛い!」と言う魚の目。足の裏に出来ることが多いようです。魚の目とは一体なんなのか、原因や治療方法、対策などを解説していきたいと思います!

SPONSORED LINK

魚の目とは?たことの違いは?

0c0a8fee9d5f848a4197c4064a155ea4_s

魚の目か、たこか見分けるには、ズバリ「芯の有無」を見てみます。たこには芯がありません。魚の目には、表面の皮膚が固くなった部分の中心にぼつん。と丸い芯ができています。それが目のように見えるので魚の目と言うんです。専門用語では「鶏眼」(けいがん)と言うそうです。

 

また、「いぼ」というものがありますよね。いぼと魚の目を見分けるのは難しいです。いぼは、いぼそのものが芯のように見えます。

 

こちらの動画を参考に見分けてみてくださいね!

 

魚の目の原因

さて、それでは魚の目ができる原因ってなんなんでしょうか?

1番の大きな原因は、「足に合わない靴や高いヒールを履くこと」です。

同じ所に継続的に摩擦や圧迫がかかるため、皮膚の防御反応が働いて皮膚が角質が分厚くなるんです。

靴による魚の目の原因としては、サンダルといった薄い靴や歩き方にゆがみがある場合や長時間の圧迫・衝撃があります。

 

間接的な原因としては「足の冷え」(冷え性)があります。冷え性で足が血行不良になりやすく角質が固くなって古い角質が溜まりやすくなります。

 

原因を見てみると、女性に多いというのも納得ですね。ヒールを毎日長時間履いていたり、靴が足に合わないのに履いている人は要注意です!

ちなみに、魚の目を放置していると痛みが悪化して歩くこともままならない状況に陥ってしまうこともあるそうです。

SPONSORED LINK

 

予防と治療について

0c8ce9e5c3a7c2325404bea4e69c66dd_s

  • 何科を受診すれば良いのか

魚の目は皮膚にできるので、「皮膚科」を受診するのが正しいです。また、魚の目の痛みによって歩き方が変化してしまったりした場合には、整形外科を受診するという選択肢もあります。

 

  • 治療方法は

病院で治療する場合には芯を取り除く治療になります。分厚くなった皮膚を柔らかくして、レーザー照射やメスでの切除を行います。

痛みはないようです。

また、自宅でできる治療法もあります。市販されている貼り薬で簡単に治すことができます。硬くなった皮膚を柔らかくして、芯ごと落とすんです!うまくいけば2週間ほどで症状が改善されます。

 

  • 予防方法など

まず大事なのが足の保護!日頃履いている靴の見直しが必然です。ハイヒールなどは中敷も付いていないので固くて痛い!足の裏も悲鳴をあげていますよ!

柔らかい中敷を履いたり靴の種類を変えたりすることも対策に繋がります。

 

まとめ

魚の目について調べるにあたって、魚の目の治療動画とかいっぱい見てみました。ちょっと、黒い芯を抜く所に興味があったんですけど、あんまり綺麗にうつっているのが無かったので載せるのはやめておきます。結構グロかったです……。しかも、自分のならまだしも他人の足の裏の魚の目を見るのってなかなか「うえぇ……」となるもんでして。よって他人の治療映像を見るのはオススメしません。病院での治療は痛くないようですし、私の母も魚の目用の絆創膏を貼っていたら治ったとのことでしたので、安心してくださいね!

でも、放置するのはいけません。ダメです。命の危険に関わるようなことはないですけど、痛いの嫌じゃないですか。簡単に治るんだから、早めの治療をオススメします!

92e03bc0b987f889113319fb98bab2f0_s

もし、魚の目動画をみて「うえぇ……」となったら、赤ちゃんの足の裏や猫の肉球などを見て癒されてください。

では、あなたの魚の目が早く成仏してくれることを祈っております!

SPONSORED LINK

関連記事

11e63190e766fcb15f19ba04785aa930_s

赤ちゃん(乳児)の熱中症の症状。夜の熱の対策は?母乳は危険なの?

熱中症って怖いですね。 まだまだこれくらい大丈夫と思っている初夏でもガツンとやられてしまいます

記事を読む

手の甲

手の甲の痛みはこれで治った!!意外な原因と対策とは?!

何もしてないのに手の甲が痛い。 こんな経験はありませんか? ぶつけてもいないし、手を酷使した

記事を読む

a0006_001002

赤ちゃんの鼻づまり。グズって寝れない夜に有効な原因と対策まとめ

小さい赤ちゃんはよく風邪をひいたり、熱を出したりします。特に呼吸がしにくく苦しそうにしているのが、鼻

記事を読む

a5e87efa90a8db06d32b366441413cd7_s

舌の口内炎はなぜ痛い?眠れない程の痛みの原因や治し方の詳細。

気づいたらいつの間にか口の中にできている口内炎。 気になってしょうがないですよね。舌でいじって

記事を読む

虫垂炎の初期症状とは?下腹部の痛みは危険?盲腸との見分け方。

「お腹が痛い!!」と腹部に激痛を感じて、想像するのは“盲腸”か“虫垂炎”ですよね。盲腸の方がメジャー

記事を読む

イラスト1

中性脂肪が低い原因。知らぬと危険?女性が注意すべき症状と改善策。

皆さんは中性脂肪が高いと良くない、ということは何となくご存知ですよね。でも、中性脂肪が低いと言ったら

記事を読む

しもやけの症状。指や顔、手足はどうなる?原因と具体的な治療法。

もうすぐ寒〜い季節がやってきますね!この時期の辛い現象のひとつが「しもやけ」です。皆さんも小学校の夏

記事を読む

イラスト1

膝の痛み。ランニングは危険?故障前の注意点まとめ!

手軽な運動として、ランニングはとても人気なスポーツです。 運動不足を感じたときに、「とりあえず

記事を読む

妊婦

妊娠中の親知らず。抜歯は危険?妊婦への影響や注意点の詳細。

妊娠中に歯医者には行かなくて済むように、って言われているの知ってました? 私は知らなかったのですが、

記事を読む

熱中症 処置 頭痛 吐き気

熱中症の吐き気、頭痛の処置とは?知っておくべき予防と対策

突然ですが、皆さんは熱中症にかかったことはありますか? ここ数年は、夏になれば連日ニュースで取

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑