*

肘の痛み。内側が痛い原因!しびれの治療や失敗しない病院の選び方

最近、母が「特に何もしていないのに、手や手首を動かすと肘の内側が痛くなるのよ~。」とぼやくようになりました。私も「ふ~ん。」ぐらいにしか聞いてあげていなかったのですが、もし大きな病気が原因だったらと思い調べてみることにしました。

SPONSORED LINK

 

肘(内側)痛みの原因

24285123-白い背景の上の彼女の肘の痛みを持つ若い女

原因

まず現象としては、肘にある関節についている筋肉や靭帯が炎症を起こしていたり、血液の流れが悪くなって神経を圧迫してしまい骨と骨がぶつかり起こっています。

痛みの原因となって多いのが5つ考えられます。

 

  1. 疲労による炎症同じ動作や動きを繰り返し行っていることにより、その疲労から炎症を起こしてしまう症状
  2. 腱鞘炎腱鞘炎というと手首や指というイメージがあると思いますが、それがひどくなると腕の腱鞘炎という骨と筋肉をつないでいる腱が炎症を起こしてしまう症状で、近年ではパソコンやスマホの使い過ぎ打ちすぎなどで起こっていることが多いようです!
  3. 痛風肘の関節も尿酸が溜まりすぎて起こることがあります
  4. 関節リウマチ関節が炎症を起こしてしまい、肘が痛くなる。初期症状としては寝起きの手の指が動かしづらいなと感じて、そこから腫れが出てきてしまったりこわばったりします。男性よりも特に女性に多い症状みたいですね!!
  5. 病気によるもの関節の形が変わってしまう変形性肘関節症といわれるもので軟骨や骨が変形してしまい、それに伴い関節までも変形し本来なら骨と骨がぶつからないように軟骨が防いでくれるのですが、それが出来なくなって骨と骨がぶつかり合い肘に痛みが起きる症状です

 

悪化するとどうなる?!

肘は日常動作にとって欠かせない身体の大切な部位です。そのため悪化させてしまうと日常生活に支障をきたしますので、痛み止めなどで我慢せずに早めの受診がオススメです!!

 

治療方法

まず病院は何科へ行ったらいいの?

基本的には整形外科を利用すれば大丈夫です。

肘の痛みは主に骨の痛みであることが多いため整形外科が専門分野となっています。また、治療についても保険適用内となっているため、治療費も高額負担となることは基本的にないです。

早く治すには?!

―自宅での治療―

安静にする

使い過ぎなど原因がはっきりしている場合は安静にするなど、原因を取り除くことから始めます。早く治すには、最初に無理をしないことがコツです!

アイシング

痛み始めの血流量が増えているときは、冷やして炎症を抑えると血流量が減り痛みが軽くなります。ただ、ひどい痛みは取れたが少し痛む場合や慢性的な痛みには冷やす治療から、温める治療に変えます。幹部を温めることで、血液の循環を良くして固まった筋肉をほぐします

湿布を貼る

痛み始めには消炎鎮痛薬入りの冷湿布を貼り、2,3日後には温湿布を貼ると効果的です

肘を固定する

スポーツ用サポーター肘用などを使って、肘への負担を和らげます。高額なのもありますが、100円ショップなどにも売っているのでそれで試してみるのもいいかもしれませんね!

SPONSORED LINK

 

病院での治療

薬物療法

消炎鎮痛薬の内服や外用などを組み合わせて行います。ステロイドホルモンの局所注射をすることもあります

物理療法

冷却療法、温熱療法、電気治療、超音波療法、微弱電流療法などの「物理療法」をうまく利用することで、慢性の肘痛の早期回復にかなり効果が期待できます!

これらが功を奏しない場合は手術となるようです。

 

予防

肘の痛みがほぼ治ったら、マッサージやストレッチ、筋トレ、姿勢の改善などを行いましょう。

 

失敗しない病院の選び方

整形外科、接骨院などそれぞれの病院で治療方法や考え方はちがうようですが、自分の症状をまずよく把握する事が大切ではないでしょうか。骨折や骨の損傷の様な場合は総合病院へ行った方がよさそうですし、日常生活からくる慢性的な症状の場合は接骨院などで肘痛が起こらない身体づくりを主とした治療を受けた方がよさそうです。

 

まとめ

私の周りでも聞いてみると意外と年齢を問わずに肘痛に悩まされている人が多いことに今回気がつきました!一つに「肘痛」と言っても症状や治療法など多種にわたることもわかり早速、母の症状をよく確認してオススメの治療法を提案してみたいと思います!

SPONSORED LINK

関連記事

69a71e56264be1cd78478cf00676f283_s

犬の熱中症対策!症状別の治療法はコレ!後遺症は危険?

いつも散歩で出会う可愛いワンちゃんがいたのですが、最近見かけなくなりました。 どうしたのかと飼

記事を読む

秋の花粉症の時期。2015はいつから注意?症状は?

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ…etc. これらの症状、花粉症の人は聞いただけでもムズムズし

記事を読む

アーモンドの効能と効果。ダイエットに有効?食べ過ぎは悪影響?

ダイエット中なのについつい口寂しくて菓子を食べてしまう、とこぼすと「どうせ食べるんだったらアーモンド

記事を読む

イラスト2

妊婦の陰部のかゆみの原因とは?薬の効果は?超効果的な予防と対策。

女性は妊娠すると様々な身体の変化があります。今まで大丈夫だったものが、急にダメになったり、すぐに体調

記事を読む

妊婦

妊娠中の親知らず。抜歯は危険?妊婦への影響や注意点の詳細。

妊娠中に歯医者には行かなくて済むように、って言われているの知ってました? 私は知らなかったのですが、

記事を読む

RS繧ヲ繧、繝ォ繧ケ縺ョ讀懈渊雋サ逕ィ繝サ菫晞匱蟇セ蠢彌36e12542a419c73881c08fe17da23f20_s

RSウイルスの検査。費用は?保険適応の条件は?超わかりやすく解説

もうすぐ色々なウイルスの動きが活発になる時期がやってきますね。子供を病気に感染させたくないですよね。

記事を読む

7c9e8ce886317709bfd83374375e0695_s

溶連菌の大人の症状。仕事は休むべき?日数は?薬は効くの?徹底調査

皆さん、溶連菌というのはご存知ですか?溶連菌とは、溶血性連鎖球菌と呼ばれるばい菌のことです。 この

記事を読む

発熱イメージ

ノロウイルスの予防接種は効果なし?費用は?他に効果的な対策は?

段々と、秋~冬にかけて湿度が下がり乾燥してくる時期となりましたね。 この時期からインフルエンザやノ

記事を読む

a0006_001870

赤ちゃんの下痢が続く原因は?元気でも病院は必要?症状と対処法。

赤ちゃんはよく下痢をしたり、風邪をひいたりしますよね。下痢をしていても、体は元気でよく動いたりするこ

記事を読む

ハッカ油虫除けスプレーの超簡単な作り方。効果が強いので要注意!

入浴剤やマウスウォッシュなど、さまざまな場面で使えると話題の「ハッカ油」。虫よけとしても効果的だって

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑