*

赤ちゃん(乳児)の熱中症の症状。夜の熱の対策は?母乳は危険なの?

熱中症って怖いですね。

まだまだこれくらい大丈夫と思っている初夏でもガツンとやられてしまいます。

私もゴルフをしていて熱中症に罹ったことがあるんですが、頭がガンガンして本当にきつかったです。それでも大人は「頭が痛い」と言うことができますが、赤ちゃんは頭が痛くても熱が出ても、泣いて訴えることしかできません。

赤ちゃんの熱中症はどのような症状で見分ければ良いのでしょうか? 乳児の場合、母乳はあげても良いのでしょうか? そして夜の熱中症はどのように予防するべきでしょうか?

今日は暑がりな赤ちゃんの熱中症についてお届けします。

SPONSORED LINK

赤ちゃんにとって熱中症とは?

赤ちゃんは熱中症になりやすい

11e63190e766fcb15f19ba04785aa930_s

熱中症とは、高温多湿の環境に長時間いることで体内の温度が上がり、水分や塩分の不足によって起こります。赤ちゃんは大人の3倍汗をかくにもかかわらず、未発達のために体温調節ができません。気温といっしょに体温も上昇してしまうのです。そのため赤ちゃんは大人よりも熱中症になりやすいといえるでしょう。

 

赤ちゃんが熱中症になりやすい環境、状況

暑い場所や直射日光のあたる場所に長くいると熱中症になるのは大人と同じ。赤ちゃんにとって注意しなければならないのは、「ベビーカーの中」です。夏の日の舗装道路ってフライパンなみに熱くなりますよね。そしてベビーカーは地面に近いため、アスファルトの照り返しの熱をモロに受けるのです。上からも下からも熱波に襲われるため、ベビーカーの中はとても暑くなっています。

 

 

乳児の熱中症の症状

赤ちゃんが熱中症にかかった場合、次のような症状があらわれます。

  • 顔が赤い
  • 体が熱い
  • 元気がない、むずかる
  • 普段より母乳やミルクを飲みたがる
  • 唇が乾く
  • 汗が出ない
  • おしっこが出ない
  • ぐったりしている
  • 呼びかけても反応しない

 

「汗をかいてないから大丈夫」なんて思ったら大間違い! 水分不足で汗をかけなくなっている可能性があり、大至急手当てが必要な状態です。とにかくこまめに注意してあげることが大切です。

 

乳児の熱中症予防

40aacb524da9cdca5cc210c6daed3546_s

水分補給

熱中症予防に欠かせないのが水分補給です。暑いときは飲みたいだけ飲ませてあげましょう。もちろん母乳で大丈夫です。母乳が出ないときは、新生児なら湯冷まし、飲めるようになったらお茶でも、ジュースでも。ベビー用のスポーツドリンクを買いおきしておいても良いでしょう。一度にたくさん飲ませるより、できれば何回にも分けてこまめに飲ませてあげましょう。外出のときは必ず水筒を持ち歩くようにしましょう。

 

室内

子供に冷房は体によくないといわれてきましたが、それは昔の話。温暖化のすすんだ現代では、赤ちゃんにとって冷房は必要な物です。大人なら「節約のために扇風機で!」なんてこともできますが、体温調節の苦手な赤ちゃんには危険です。あまり我慢はさせてあげないでください。一方で冷やし過ぎも危険です。汗をかいたまま冷やすと体に悪いので、必ず着替えさせてあげましょう。

 

屋外

絶対に欠かせないのは帽子です。ベビーカーに乗っているときも、地面からの照り返しがありますので、忘れずに帽子をかぶるようにしましょう。帽子用やベビーシート用の保冷剤も売られています。

 

夏のおでかけ 赤ちゃんの熱中症対策動画

 

就寝時

冷房をおやすみ設定にして寝ることがありますが、タイマーが切れて気温が上がってしまうと、体温調節のできない赤ちゃんには厳しいです。温度高めの設定でつけっぱなしにしておきましょう。

 

SPONSORED LINK

乳児の熱中症の治療

応急処置

もしも熱中症になってしまったら、やるべきことは「補水」と「冷却」です。

補水:口から水分を飲ませます。できれば塩分も同時にとることのできる経口補水液が良いでしょう。与え方は、体重1kgあたり30~50mLが目安です。

冷却:まずは涼しい所に移動させましょう。次に、体が熱くなっていますので保冷剤などで冷やします。冷やす場所は、腋の下や足の付け根、背中などです。おでこに冷却シートはあまり意味がありません。

 

救急車を呼ぶ基準

熱中症は命にかかわる病気です。汗やおしっこが出なかったり、水分をとらそうとしても吐いてしまう場合は病院へ連れていってあげてください。とくに、呼吸が速かったり、呼びかけてもぐったりして反応がないときは一刻を争います。迷わず救急車を呼んでください。

 

病院での処置

病院での治療も基本は補水と冷却です。輸液をして水分を補ったり、カテーテルをつかって直接内臓を冷やすこともあります。

 

 

まとめ

赤ちゃんは体温調節が難しいので熱中症になりやすいですが、対策は大人と同じで、水分をとることと冷やすことです。そして言葉がでない赤ちゃんの場合、こまめな観察が一番の予防となります。まだ大丈夫と思わずに、細やかに注意してあげましょう。

SPONSORED LINK

関連記事

きのこ鍋

痛風に効く食事。良いものダメなものは?オススメランキング紹介!

痛風は、かつて贅沢病と思われていた時代がありました。というのも、尿酸値を上げ痛風を起こしやすいプリン

記事を読む

虫垂炎の初期症状とは?下腹部の痛みは危険?盲腸との見分け方。

「お腹が痛い!!」と腹部に激痛を感じて、想像するのは“盲腸”か“虫垂炎”ですよね。盲腸の方がメジャー

記事を読む

はちみつ

喉が痛い時の食事。飲み物や食べ物はどうすべき?薬は何を選ぶ?

風邪を引いたときにつらい症状として発熱や頭痛、鼻水やくしゃみなどがありますが、喉の痛みは病気中の食事

記事を読む

a0006_001870

赤ちゃんの下痢が続く原因は?元気でも病院は必要?症状と対処法。

赤ちゃんはよく下痢をしたり、風邪をひいたりしますよね。下痢をしていても、体は元気でよく動いたりするこ

記事を読む

注射子供

インフルエンザの予防接種。子供はいつから必要?回数は1回?

そろそろ梅雨が終わり夏が来て気になり始めるのがインフルエンザの予防接種じゃないでしょうか?◯◯県◯◯

記事を読む

花粉症の薬。妊娠中の妊婦は危険?鉄板で効く対処法とは?

日本人は花粉症の人が多いです。特に妊婦さんは、妊娠前よりも花粉症の症状が悪化する事が多いようです。

記事を読む

a0006_001426

赤ちゃんのゲップはいつまで?やめるタイミングとやめさせるコツ。

赤ちゃんのミルクの後はゲップをさせるって知ってはいるけど、これっていつまでするのが正しいのかは知らな

記事を読む

ステロイド 副作用

ステロイドの副作用とは?筋肉や精神に及ぼす影響をチェック!

「ステロイド」という言葉はよく耳にする言葉だと思います。 このステロイドとは一体何なのでしょうか?

記事を読む

a1380_000401

へそピアスは痛い?!開け方・ピアッサーの注意点まとめ!参考動画あり

本格的な夏が近づき、薄着になるこの季節。 シャツの裾から、チラリとへそピアスが見えたりすると、 「お

記事を読む

2f0788246396c229c3a5fd74dc0844ca_s

喉の痛み。はちみつ(ハチミツ)が超効果的な本当の理由とは?

季節の変わり目やインフルエンザなどの季節、これから風邪が流行りだす時期。熱はなくてもなんだか喉が痛い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑