*

猫の熱中症対策!症状別の治療法はコレ!後遺症は危険?

夏の暑さに耐えられないのは人間だけはありません。

実は動物にも起きるのです。

私も幼いころから猫を飼っていますが夏は涼しい場所を求めて眠っています。

今回はそんな猫の熱中症対策についてご紹介します。

SPONSORED LINK

対策

28bfeee34ecad4ecb818607d103e5b0f_s

屋外(庭/車移動)

猫を屋外で放し飼いをする方もいると思います。そんなときは必ずたっぷりの水分を家の庭に置いておきましょう。

ちゃんとしつけられている猫は自分の家に戻ってきます。その時に必ず水分の摂取をさせるためです。

また車移動の際には風通しの良いゲージにいれること、常に車内を風通しよくさせておくことがいいでしょう。

猫にも恒常性というものがあり温度に適応して体温をあげる働きがありますがなるべく冷房は使わずに窓を少しあけて自然の風をいれてあげてください。

 

室内(最適な温度湿度/用意するものなど)

室内での熱中症対策では適正温度は大体28℃ほどにしておきましょう。湿度は40~60%ほどが適正だと言われています。クーラーよりも扇風機を用意してあげるといいですよ。

便利グッズ
今ではペット用のクールマットが販売されています。またひえひえにゃんこ鍋など猫が入れるサイズのおけのようなものが販売されていますので活用するといいでしょう。

注意点
ねこの体温はぢ体平均的に38℃ほどです。その中でクーラーで25℃などにすると私たち人間にはちょうどいいですが猫には温度が低すぎます。また、子猫は自分で温度管理ができないので気を付けてみてあげてください。

 

症状

e1fdf157b3fd712ce90a1cc04b888b18_s

なりやすい種
アメリカンショートヘアー、ペルシャ、ヒマラヤン、メインクーン、エキゾチックショートヘアー、ノルウェー・ジャン・フォレスト・キャット、スコティッシュ・フォールド

  • 軽い症状: 急激な体温の上昇(40℃以上)にともない、口を開けてハァハァとあえぐように呼吸をし、口からよだれを流れ出します。
    また、目や口腔粘膜が充血してきます。そして、悪心(おしん:吐き気)を示したり、嘔吐や下痢をしたり、一時的にふらついて倒れてしまうことがあります。
  • 重い症状: 虚脱や失神、筋肉のふるえが見られたり、意識が混濁し、呼びかけにあまり反応しなくなったりします。さらには、完全に意識がなくなったり、全身性の痙攣発作を起こしたりすることもあります。症状がかなり進行すると、吐血や下血(血便)、血尿といった出血症状や、酸素をうまく取り込めないためにチアノーゼが見られたり、最悪の場合はショック症状を起こし、命を落とすこともあり得ます。
SPONSORED LINK

後遺症

主な後遺症と特徴

実は猫は熱中症による後遺症が残る場合があるのです。

重度の脱水症状により循環器障害や、急性腎不全を引き起こします。

また、血液の凝固異常や脳に障害が残る場合もあります。

 

治療

49902543d680d1248eda5b1591023196_s

  • その場でできる応急処置:まずは水を飲ませ、身体に水をかけてあげてください。体温を下げるのが最優先です。
  • 動物病院での治療:もちろん病院でも体温を下げることは行いますがそれにプラスブドウ糖や生理食塩水の点滴を行い、経過を診ながら個々に必要な治療を施します。
  • 病院にかかる際の注意点:すぐに近くの動物病院に運んであげてください。

緊急を要することかもしれませんので先に電話などで連絡を入れておくといいでしょう。

 

動物とはいえやはり飼い主からしたら家族だと思います。

「ちょっとまっててね」という言葉が夏の暑さには命取りになりますのですぐに体調に異変を感じた場合にはこれらの処置をしてあげてください。

SPONSORED LINK

関連記事

7078971979cbe394b77919b2dc31aef5_s

鼻水が止まらない!透明やサラサラによって病気が違う?原因は?

鼻水が止まらない時って、嫌ですよね。うっとおしいし、恥ずかしいし…出先でティッシュを切らして「どうし

記事を読む

イラスト1

膝の痛み。ランニングは危険?故障前の注意点まとめ!

手軽な運動として、ランニングはとても人気なスポーツです。 運動不足を感じたときに、「とりあえず

記事を読む

(はじめに)鼻毛

鼻毛に白髪は病気の危険あり?!真相を調べてみました。

若い頃には絶対になかった鼻毛の白髪。いつの頃から鼻毛に白髪が混じっているのに気が付きましたか。 『

記事を読む

秋の花粉症対策。原因はブタクサ?薬やグッズは有効?

春を耐え、夏が過ぎたと思ったらまたやってくる。 そう、あいつです。秋の花粉症。 鼻水や目のかゆみ、

記事を読む

妊婦

妊娠中の親知らず。抜歯は危険?妊婦への影響や注意点の詳細。

妊娠中に歯医者には行かなくて済むように、って言われているの知ってました? 私は知らなかったのですが、

記事を読む

ブタクサのアレルギー。注意すべき時期は?対策まとめ!

クシュン、ショボショボ、ズルズル・・・春が近づくと始まる花粉症の症状。 しかし、花粉症は春だけでない

記事を読む

acb2d5d85db6614847373795597dfdbb_s

子どもの熱が下がらない!元気だけど実は病気?正しい判断と下げ方。

可愛い可愛い我が子が産まれて、一番気がかりなのは子どもの“体調”。 毎日観察しているけれど、い

記事を読む

ものもらいはプールでうつる?!調べてみました。

ものもらいというと、どうしても人から人へ「うつる」というイメージを 持たれている方も多くいらっしゃる

記事を読む

7c9e8ce886317709bfd83374375e0695_s

溶連菌の大人の症状。仕事は休むべき?日数は?薬は効くの?徹底調査

皆さん、溶連菌というのはご存知ですか?溶連菌とは、溶血性連鎖球菌と呼ばれるばい菌のことです。 この

記事を読む

血液検査のCK。高い?低い?基準値は?大人と子供の違いはある?

血液検査項目の中に、CKという表記がありますが、一体これは何を表すものなのか、結果の数値を見ただけで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑