*

犬の熱中症対策!症状別の治療法はコレ!後遺症は危険?

いつも散歩で出会う可愛いワンちゃんがいたのですが、最近見かけなくなりました。

どうしたのかと飼い主さんに尋ねると、なんと「実は熱中症になって…手当が遅れて後遺症があって」というので驚きました。後遺症が残るなんて怖いですね。他人事ではないと思いました。

犬の熱中症の対策や後遺症について調べてみることにしました。

SPONSORED LINK

対策

69a71e56264be1cd78478cf00676f283_s

熱中症にならないようにするには、どんなことに気を付ければ良いでしょうか?

 

屋外(庭/散歩/車移動)

熱中症は直射日光に当たりすぎたり、運動をしすぎたり、高温多湿の中に長時間いることによって罹ります。そのため夏の屋外は危険がいっぱいです。

 

犬を庭で飼う場合、犬小屋は必ず日陰に移動させてください。リードで動ける範囲を考え、涼しく風通しの良い場所で休めるようにしましょう。炎天下のアスファルトは焼けた鉄板も同然です。足の裏をやけどしてしまいますから、散歩はなるべく昼間を避けて、朝夕の涼しい時間帯に行った方が良いでしょう。

 

もっと恐ろしいのは「車」だといえるでしょう。「エアコンをつけているから大丈夫」と犬たちを車の中に待たせていたら、いつのまにかエアコンが切れており、帰ってきたら犬たちは熱中症で亡くなっていた、という痛ましい事故が忘れられません。

 

 

室内

毛皮を着ていることからも分かりますが、犬は人間よりも暑がりです。人間に例えると、余分にコートを1枚着ているくらいの体感温度だと考えてください。そのため犬にとって最適な温度は23~25℃くらいだといわれています。また、熱中症は湿度も大きく関係しており、60%を越えるとかかりやすいといわれています。そのため理想的な湿度は50%前後です。もしワンちゃんだけでお留守番をするなら、エアコンを(人間にとっては)ちょっと涼しすぎるくらいに設定し、湿度もちゃんと管理してあげてくださいね。季節によってはドライで設定も良いでしょう。当然のことですが、お水だけは必ず、いつでも飲めるように準備しておいてください。

 

便利グッズ

アイスジェルマット:触るとひんやりと冷たいです。犬小屋の中に敷くと良いでしょう。

クールウェア:身に着けるとひんやりと涼しい服です。いろいろな形があるので、服として着たり、首に巻いたりすると熱中症予防になります。

経口補水液・スポーツドリンク
:人間も同じですが、水分補給は熱中症予防にとても大切です。人間のものを飲ませるなら、ベビー用飲料か、大人用を2倍に薄めたものが良いでしょう。

 

注意点

人間の感覚で「これくらいなら大丈夫」と思ってしまうことが一番危険です。犬は人間と体の構造が違い、暑さに弱いことを忘れないでください!

 

 

症状

なりやすい種

87b76579aeb51c5c6949c8d8287f6a77_m

パグ、フレンチブル、シーズー、チンなどの短頭種は熱中症になりやすいので気を付けてください。サモエドやシベリアンハスキーなど寒い国の犬も暑さに弱いようです。太りすぎている犬は体の中に熱がこもりやすく、子犬や老犬は体力がないので危険です。

 

軽い症状

普段よりハアハアと苦しそうにしている、たくさんのヨダレが出る、下痢をする、などがあれば熱中症の疑いがあります。

 

重い症状

全身をけいれんさせたり、ぐったりして、呼びかけに応じなかったりすると危険です。すぐに動物病院に連れていってあげてください。吐血をすることもあります。

 

 

犬の熱中症について注意すること動画

 

後遺症

熱中症は、手当てが遅れると多臓器不全を起こし、死に至る病気です。助かっても深刻な後遺症が残る場合も少なくありません。

 

脳障害:てんかんが出たり、足がふらついてうまく歩けなくなったりします。私の知人の犬さんは、ひとりで歩けなくなってしまったそうです。また老犬の場合は認知症になってしまう場合もあるようです。

 

呼吸障害:熱中症の症状が出ているあいだ、ハアハアと荒い呼吸を続けているため、肺などを傷めてしまう場合があります。肺炎になると治療にかなりの時間がかかります。

 

腎障害・肝障害:脱水症状を起こすことで内臓にダメージを与え、腎臓や肝臓が病気になってしまうこともあります。

 

SPONSORED LINK

治療

その場でできる応急処置

まずは日陰の涼しい場所に連れていきましょう。ポイントは冷やすことと水分補給です。

冷やす:水をかけた上でうちわや扇風機などで風をあてる、冷却マットをあてがうなどしましょう。

水分補給:飲んでくれる状態なら水分補給をしましょう。水ではなく、経口補水液やスポーツドリンクを薄めたもののほうが良いでしょう。牛乳も熱中症に良いといわれています。

 

動物病院での治療

冷却毛布などで全身を冷やしてくれます。そのうえで輸液をし、水分を体に直接補給します。

 

病院にかかる際の注意点

熱中症の治療は時間との勝負です! 20~30分以内なら後遺障害は出ないといわれていますが、遅くなり過ぎると命に関わります。迷わず最寄の動物病院へ行きましょう。

 

 

さいごに

知人の犬さん(シーズー)は、散歩のときに熱中症になりました。散歩ついでにスーパーに寄り、犬は店の近くにリードをくくっていたのだそうです。日陰は動きます。買い物は自分一人で行きましょう…。

SPONSORED LINK

関連記事

猫 脱水 ポカリ

猫の脱水症状にはポカリが有効?知っておきたい原因と対策

近日、寒い日が続きますが季節は春ど真ん中。 いつの間にか夏がやってきます。 例年続く暑過ぎる

記事を読む

蜂 刺された 腫れ

蜂にさされた時の対処法。腫れやかゆみはどうする?

皆さんは蜂に刺された事がありますか? 私はとある観光名所に行った時、写真を撮ろうとしてしゃがむ

記事を読む

むくみ 解消 足

足のむくみ解消マッサージはコレ!効果的な方法のみを紹介!

むくみは多くの女性にとって憂鬱な悩み。 特に身体の末端である足はむくみやすく、足首がなくなって

記事を読む

虫垂炎の初期症状とは?下腹部の痛みは危険?盲腸との見分け方。

「お腹が痛い!!」と腹部に激痛を感じて、想像するのは“盲腸”か“虫垂炎”ですよね。盲腸の方がメジャー

記事を読む

左下腹部の痛み。女性の症状と原因は?便秘やチクチクの放置は危険?

下腹部の痛みなど、男性にはわからない痛みが女性にはありますよね。 (個人的には月経で痛い時くらい、手

記事を読む

ステロイド 副作用

ステロイドの副作用とは?筋肉や精神に及ぼす影響をチェック!

「ステロイド」という言葉はよく耳にする言葉だと思います。 このステロイドとは一体何なのでしょうか?

記事を読む

e1b37a7168011854dc28d224533890a4_s

背中のほくろが痛い。痛みの原因は?腫れは危険?何科で治す?

皆さんは、背中にあるほくろ(黒子)が気になったことってありますか? ある時、突然、背中にチクチクズキ

記事を読む

注射

インフルエンザの予防接種。2015年の値段は?相場はいくら?

年末年始のニュースの常連「インフルエンザ」毎年毎年その力をアップして登場しますよね。そんなインフルエ

記事を読む

ブタクサのアレルギー。注意すべき時期は?対策まとめ!

クシュン、ショボショボ、ズルズル・・・春が近づくと始まる花粉症の症状。 しかし、花粉症は春だけでない

記事を読む

お風呂

ノロウイルスは消毒で防げる?消毒方法の詳細と消毒薬の作り方。

猛烈な下痢と嘔吐を引き起こすノロウイルス。怖いですよね。特効薬がないので体力のない小さな子供や高齢者

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑