*

おたる潮まつりへ行こう!2015日程詳細&花火情報!

もうじき夏祭りの季節がやってきます!

もちろんお祭りは楽しいものですが、切っても切り離せないのが夏の暑さ。
ここ数年は、毎年ごと暑くなっているような気さえしてしまいますよね。

「季節柄仕方ないのはわかっているけど、やっぱり暑いのは苦手」と、夏を想像するだけでげんなりして、夏祭りもちょっと気乗りしない、という方も多いはず。

そんな方にオススメしたいのが、暑さを逃れた北の大地、北海道は小樽で開かれるおたる潮まつりです。

ここでは、おたる潮まつりの気になる2015年の開催情報を始めとした様々なポイントをご紹介!

夏の行楽の参考にしてみてください。

SPONSORED LINK

日程・場所について

おたる潮まつりは3日間に渡って開催されます。
2015年の開催日程は次の通りです。

・7月24日(金)~26日(日)

メイン会場となるのは小樽港第3号埠頭基部で、後ほどご紹介しますが、花火の会場となるのもここです。
また、潮まつりの目玉イベントのひとつでもある潮ねりこみや、3日目に行われるみこしパレードは、市内から港までを往来するので、小樽市全体がお祭りの会場と言えなくもありません。

花火のみどころ

通常夏祭りの花火と言えば最終日が定番です。
ところが、おたる潮まつりではなんと花火は初日と最終日の2回打ち上がります。

ということで、正式な発表はまだされていませんが、2015年の日程は24日(金)と26日(日)ということでほぼ間違いないと思います。

打ち上げ数は2,500~3,000と、決して大規模ではありませんが、打ち上げ場所が市内中心部に近いこともあり、大変盛り上がります。

小樽市の上空で花開く花火は、正に市をあげて行われているこのおたる潮まつりを象徴するような温かさがあります。
※初日荒天の場合は延期して最終日に合算、最終日も荒天の場合は中止となります。

SPONSORED LINK

おたる潮まつりの歴史

おたる潮まつりの誕生は1959年まで遡ります。

それまで「みなと祭り」や「競争花火大会」という様に、独立して行われていた様々な催しを一つに統合し、「みなと小樽商工観光まつり」として開催されたのがその始まりです。

その後、1967年から名前を現在の「おたる潮まつり」と改め、今回で49回の開催となります(2016年はおそらく50回記念開催になりますね)。

今年のおたる潮まつり 日程 花火

穴場スポット紹介!!

ここでは、花火の鑑賞にオススメの穴場スポットをご紹介します。

花火のメイン会場である小樽港第3埠頭基部から見上げるのも迫力があっていいのですが、如何せんかなりの人出が予想されます。

そんな混雑を避けつつゆっくりと花火が見たい、という人には天狗山がオススメです。
そもそも天狗山は小樽の夜景を一望できるスポットなので、小樽上空に打ち上がる花火を遠望するにはもってこいの場所です。

また、山頂にはトイレと無料の駐車場が150台分あるので、車を使う人には特に嬉しい鑑賞スポットですね。

交通規制情報・アクセスについて

小樽市を代表するイベントということで、この潮まつりには毎年実に100万人以上もの人が訪れます。
そのため、潮まつりでは、交通混雑を避けるために車での来場が禁止されています。

付近に駐車場が設けられることもありませんので、来場する際は電車などの公共交通機関を利用しましょう。

最寄りとなるのはJR小樽駅で、花火会場までは徒歩で10分程度です。
小樽駅は、札幌駅から乗り換えなしで30分ほどなので、遠方からお祭りにくる場合は、札幌に拠点を構えても良さそうです。

今年のおたる潮まつりを楽しみましょう!

いかがだったでしょうか。
花火を中心にご紹介しましたが、この潮まつり開催中に行われるその他のイベントや行事には独特の、なんともいぶし銀で人情味あふれる雰囲気があり、きっと気に入る方も多いと思います。

近場で開かれる夏祭りに気軽に参加するのもいいですが、今年の夏は避暑と旅行を兼ねて、北海道のおたる潮まつりに参加してみてはいかがでしょうか。

SPONSORED LINK

関連記事

松明あかし2015の日程を一発チェック!動画や穴場スポット情報あり。

イベントと言えば夏のイメージが大きいですよね。 冬の寒い中「ガタガタ」震えながら楽しむイベントも面白

記事を読む

祝儀袋と女性

佐賀バルーンフェスタ2015の日程やアクセス。穴場やみどころは?

熱気球が空いっぱいに飛ぶところが見られる国際的なフェスティバル バルーンフェスタが日本で行われている

記事を読む

千葉 ぶどう狩り

灘のけんか祭り2015の日程は?交通規制は?動画&最新情報はココ!

皆さんは、灘のけんか祭りってご存知ですか? 関西方面の方なら、ご存じでしょう。 灘というと、威勢のよ

記事を読む

恐山大祭 2015

恐山大祭に行こう!2015の情報はココでチェック!!

日に日に夏になっていくのが実感できる今日この頃。 暑いのが嫌いな私は毎日夏におびえて生活してい

記事を読む

小倉祇園太鼓 日程

小倉祇園太鼓2015のみどころ紹介!日程は?穴場スポット公開。

福岡のお祭りといえば、博多祇園山笠と小倉祇園太鼓ではないでしょうか。 九州の熱い気持ちを山車に

記事を読む

a0002_001847

デザインフェスタ2015の日程は?入場料やチケットの入手方法をチェック!

プロ・アマ問わず、「表現したい!」を表現するアートイベント。オリジナルであれば、審査なしで誰でも参加

記事を読む

熊谷うちわ祭り 日程 穴場

熊谷うちわ祭に行こう!2015の日程チェック&穴場スポット紹介!

埼玉県熊谷市と言えば猛暑の本場! 夏場の最高気温はなんと40.9℃に達します。 しかし、夏の

記事を読む

全国花火競技大会の詳細は?2015最新情報はココでチェック!!

皆さんは、全国花火競技会って、ご存じですか? 全国各地で花火大会が行われていますが、「全国花火競技会

記事を読む

わっしょい百万夏まつりに行こう!2015最新情報が満載!!

夏になると皆が心待ちにする夏祭りが全国で開催されます。 そんな中、「わっしょい百万夏祭り」と題した

記事を読む

妙見祭に行こう!2015の日程や穴場スポット。おすすめ動画あり。

熊本県八代市で毎年11月に行われる八代妙見祭。現在、国の重要無形文化財に指定されている神幸行列を含む

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑