*

山あげ祭に行こう!2015の詳細情報チェックならココ!!

だんだんと暑くなってきましたね!

この時期は避暑地でのーんびりしたいなーなんて考え始めてしまいます。
避暑地といったらやっぱり那須ですかね。

なんて考えて色々みてたら「山あげ祭」の文字!
お祭り野郎の火がついた!今回はこの山あげ祭りをご紹介します!!

この山あげ祭とは、なんと今年で455年になるとても歴史のあるお祭り。
しかもユネスコの無形文化遺産に登録されているのです!!
初耳なのがお恥ずかしい> < 毎年7/1に祭りの開始の儀式が行われ、それまではあまり情報が出回らないそうなので、去年の情報が主になります。 栃木県那須烏山市の八雲神社例大祭の奉納行事なのですが、野外劇で行われる歌舞伎が有名。 1か月前から奉納行事は始まりメインイベントがこの山あげ祭となるわけです。 そもそも、山あげとは歌舞伎の移動舞台の背景である和紙で出来た「山」を屋台(舞台)から100mの間に「組み立てる(あげる)」ので「山あげ」というのだそう。

屋台を基準にして、中山、波とよばれる背景を組み立て、公演中は特殊技術で操作をしたり様々な演出で舞台を盛り上げます。

終演すると、素早く解体し地車(じんぐるま)にのせ次の公演に向かう。
近い時は手で持ち上げ運ぶ。この解体などがもたもたしてると、市民から笑われてしまうそうだ。

ちなみに、山あげ祭りは現在6つの町が持ち回り制で行っており、街ごとに山だったり演目だったりが変わってくるので、その違いを楽しむのも有りです!

祭開催中は歌舞伎だけではなく、ヒーローショーや物産展などの催し物も開かれるので要チェック!

SPONSORED LINK

日程・開催場所について

日程は以下となります。
■7/24/(金)-7/26(日)

山あげ会館を中心に幅広い場所でお祭りが行われます。

この山あげ会館では山あげ祭りで使われる屋台(歌舞伎の舞台となるもの)が常時三体展示しており、期間中じゃなくても祭りの迫力を体感する事が出来ます。

山あげ会館は鳥山駅から徒歩五分です。
ぶんぬきが行われる八雲神社へは徒歩約20分です。

また、休憩所が沢山あります。結構広い範囲でお祭りが行われるので適度に休んで楽しみましょう。

山あげ祭の歴史 ぶんぬきとは?

茨城弁で「ぶんぬく・ぶんぬぐ」という言葉があり、その意味の「抜く」という言葉から来ているらしく「太鼓を打ち抜く程たたく」という行為。

ちなみに「ぶんぬき」というと「親子等でそっくりな様子」という意味になるらしいです。

さて、その太鼓を打ち抜くくらい力強い様子とは一体なんなのでしょう?

三日間の中で「ぶんぬき」というイベントがあり、その時に屋台が出回り他のと出会わせたらバトル開始。
もーお囃子の音と若者達の声とが入り乱れ俺だ!俺だ!のひっちゃかめっちゃかになります。

他にもラストシーンで全町の屋台が八雲神社の鳥居前に集合しぶんぬきする様は圧巻!!

かぁっこいい!

なんでしょうこの胸の高鳴り!日本人で良かった!そんなこと思ってしまいます。
これはリアルでみるほかないですね!

穴場スポット紹介!

穴場なんて探している暇があったら、目の前で体感しろ!!
につきますので、オススメ情報をお伝えします 笑

烏山駅からほど近いところにある「島崎酒造」
なんとこの酒造熟成酒の先駆けとなった酒造なのです!!

酒蔵としては200年以上も続いていて、この熟成酒への取り組みは大吟醸を主に扱い1970年から始めているそう!

年間平均温度10℃ほどに保たれた洞窟600mにおよそ13万本のお酒が熟成されています!んーどんな味がするのか!酒好きとしてはたまらない情報です!!

もうひとつ驚いたのが商品の豊富さ、清酒・熟成酒はもちろん、とちおとめを使用したワインや酒まんじゅうなんかもあるそうです。

酒蔵・洞窟共に見学okなので、電話予約してお邪魔させてもらいましょう!!
試飲や試食ももちろんありますよー!!

山あげ祭 2015

交通規制・駐車場情報

正確な情報ではありませんが、毎年最終日の日曜日23時−24時の間八雲神社周辺で道路規制が行われるそうです。

駐車場はの交通規制はネットでタイムラインが確認できるそうなのですが、それは混む事の印。

去年の情報によると沢山駐車場はあるのですが、出来るだけ公共施設をつかっての参加がいいでしょう。

山あげ祭に参加しよう!

いかがでしたか?
調べれば調べる程興味がわくお祭りですね!

近年は奉納より、至る所の商店街の出店目当てで、奉納の議?しらなーい!!って人が多いみたいです。

やっぱり、その土地のお祭りしかも今回は神社の奉納祭なのでたとえ混んでいても挨拶してからお祭りを楽しみたいところです!

全国、至る所に八雲神社はあるでしょうが、こんなにパワフルなお祭りはきっとここだけ!
範囲も催し物も広く多いのであなただけの楽しみ方を見つけてみては?

SPONSORED LINK

関連記事

帯広 平原祭り

帯広の平原祭り2015へ行こう!最新情報を詳しく紹介!!

突然ですが、「帯広の平原祭り」てご存じですか? 帯広って北海道の?って感じでしょうかね。私もよ

記事を読む

よかっぺ祭り2015の日程は?みどころは?最新情報をお届け!!

小さいお子様から年配の方まで、男女問わず楽しめるよさこい。 見ていても踊っても楽しめます。 その中

記事を読む

新発田城

新発田祭りへ行こう!2015詳細情報をどこよりも詳しく解説!!

今回は「城下町新発田まつり(じょうかまちしばたまつり)」をご紹介します。 なんでも、諏訪神社の

記事を読む

わっしょい百万夏まつりに行こう!2015最新情報が満載!!

夏になると皆が心待ちにする夏祭りが全国で開催されます。 そんな中、「わっしょい百万夏祭り」と題した

記事を読む

0a9af2359008afddb7e6e1cfccf02a5e_s

錦川水の祭典2015の詳細はココでチェック!!

夏です! 夏といえば花火です!   今年もどこか花火を観に行きたい!

記事を読む

祝儀袋と女性

佐賀バルーンフェスタ2015の日程やアクセス。穴場やみどころは?

熱気球が空いっぱいに飛ぶところが見られる国際的なフェスティバル バルーンフェスタが日本で行われている

記事を読む

時代祭2

時代祭2015に行こう!日程&穴場スポットは?動画あり。

一年を通して祭礼の多い京都。中でも「三大祭り」とよばれるお祭りをご存じですか? コンコンチキチン♪で

記事を読む

ねぷた2

弘前ねぷたまつり2015の最新情報を一発チェック!!

全国的にも有名な祭り「弘前ねぷたまつり」知らない人は居ないですよね。 でも、「ねぶた」だと思っ

記事を読む

おみこし

沼田まつりへ行こう!2015の最新情報が満載!!

今年の夏は“まんどう”や“天狗みこし”を見に、皆で“おぎょん”へ行こう! ということで、ここで

記事を読む

a0790_001201_m

白河のだるま市2016の日程、みどころは?最新情報チェック!動画あり

皆さんはだるまに目を入れたことはありますか? 願いをこめて右目を描き、願いが成就すれば左目を入れるね

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑