*

花火の掛け声はなぜ「鍵屋」と「玉屋」?解説します。

質問です!

「た~まや~!」、「か~ぎや~!」と聞いて何を思い浮かべますか?

この質問にはおそらくほとんどの人が、「花火」と答えると思います。

では、続けて質問。

なぜ花火のときにこの掛け声?
と、聞かれるとどうでしょう。

意味はよくわからないけど、花火のときの掛け声と言えばコレらしい、なんて人もきっと多いはず。
確かに、最近では実際に耳にすること自体少なくなっていますが、言われてみるとなんだか気になるこの掛け声。

ここでは、そんな「たまや」と「かぎや」の由来や、それぞれの違いについてご説明します。

花火シーズンにこの雑学を披露すれば人気者になれるかも?

SPONSORED LINK

鍵屋と玉屋!それぞれの由来とは?

目で文字として見るより、耳で聞くことが多いこの掛け声、漢字にすると「玉屋」「鍵屋」となります。
「屋」という字からお分かりの通り、商売をするお店を指しています。

何屋かと言えばもちろん花火屋さん、つまり、玉屋と鍵屋の掛け声は、花火屋さんの屋号が元となっているのです。

では、玉屋と鍵屋の歴史を辿って、花火大会で掛け声として使われるようになったその経緯を見ていきましょう。

そもそも、花火の素とも言える火薬は、鉄砲や狼煙といった戦の為に使われるもの、としての色合いが濃いものでした。

そんな火薬が“花火”として一般に認知され始めたのは江戸時代のこと。
この花火の黎明期とも言える時代に活躍していた花火屋こそが、日本橋は横山町の「鍵屋」です。

筒の中に火薬を入れて星を打ち出す、現在の打ち上げ花火の原型を開発するなど、江戸時代はこの鍵屋によって花火の製造技術が急速に発展した時期でもありましたが、とはいえ、花火はまだまだ庶民には縁遠いもので、一部の裕福な豪商が贅沢な娯楽として楽しむ程度でした。

そんな折、現在の隅田川にあたる「両国の大川」にて、花火大会が催されることになります。
そこで鍵屋の名を広く世に知らしめる活躍をしたのが、鍵屋の六代目である花火師の弥兵衛です。

SPONSORED LINK

鍵屋と玉屋の違いとは?

その花火大会からおよそ70年後、鍵屋で腕の良い番頭であった清七という男が暖簾を分けてもらえることになりました。

そして、鍵屋から分家した際に清七が名乗った屋号が「玉屋」だったのです。
以降、花火界は鍵屋と玉屋の両雄が並び立つ時代となります。

これまで鍵屋が仕切っていた両国の花火大会も、両国橋を挟んだ上流を玉屋、下流を鍵屋が分担して受け持つこととなりました。

すると、橋を挟んで凌ぎを削る両花火屋に対し、観客から応援の意味を込めた掛け声があがるようになりました。

それが「た~まや~!」、「か~ぎや~!」という、花火見物お馴染みの掛け声となっていったのです。

ちなみに、その後の鍵屋と玉屋はというと、その立場が徐々に逆転していくことになります。
花火の評判はもっぱら玉屋に軍配が上がり、人気は玉屋に集中するようになりました。

その様子は当時の浮世絵や川柳にも題材として多く残っており、玉屋人気がどれほど大きかったのかがわかります。

ところが、玉屋立ち上げからおよそ35年、玉屋の失火による火災で、玉屋は全焼してしまいます。
当時、出火というのは非常に重い罪で、玉屋はそのまま江戸の町を追放されてしまいました。

結局、玉屋と鍵屋が競演した時代はわずかに32年でしたが、その影響は大きく、その後も定番の掛け声として語り継がれていくことになったのです。

玉屋は一代でなくなってしまいましたが、鍵屋はなんと現在にも受け継がれています。

鍵屋 玉屋 花火

今回は鍵屋、玉屋について調査してみました!

そして、この掛け声の意味を知ったあなた。

今後打ち上がったものが鍵屋の花火だとわかることがもしあれば、「か~ぎや~!」と声をあげてみるのも面白いかもしれませんね。

SPONSORED LINK

関連記事

家に出る小さい虫!発生の原因は?種類と対策まとめはココ!

私は虫が苦手です。ゴキ××なんて文字でも見たくないほどです。 小さい虫もダメなんです。 でも一旦発

記事を読む

a0002_004821

卒業式のスーツ。母親は何色が良い?30-40代におすすめの髪型や靴。

少し気が早いですが、年越しすれば、もうあっという間に卒業式シーズンになってしまいます。保護者、特にお

記事を読む

男の浴衣に似合う髪型はどう選ぶ?年代別オススメはコレ!

日に日に暑くなり、浴衣の季節が近付いてまいりました~! 浴衣をしっとりと着こなしている女性、素敵です

記事を読む

犬に梅干しは大丈夫?わかりやすく調べてみました。

犬を飼っている方は、この食べ物は犬に食べさせてはいけないとか、 食べさせると良いものなど、見聞きする

記事を読む

a0780_000271

女の子の名前。漢字一文字で迷ったらコレ!流行と定番を一挙紹介。

子供の名前って、基本的には一生変わらないので、ものすごく悩んでしまいますよね。特に女の子の場合はどん

記事を読む

受験生を確実にやる気にさせる名言。応援に超効果的な一言とは?

受験は人生における大きな山場であり、修行の場ですね。 つらい受験に立ち向かい、頑張っている受験生た

記事を読む

USJのチケット。一番安く入手する方法は?どんな割引がある?

学校がお休みになると子供が叫ぶんです。 「USJに行きたい!」「行こうよ!」大阪が誇るテーマパーク、

記事を読む

写真1

みかんの食べ過ぎは太る?幼児や子供の病気の心配は?徹底調査!

毎年、寒くなって来るとみかんの季節だなと感じます。我が家では、お正月には必ずみかんが沢山ある、という

記事を読む

a74eef63beffaabee329758a275a83b8_s

オクラを生で食べる方法。美味しい食べ方はコレ!栄養満点って本当?

スーパーや八百屋さんに行くと必ずおかれている、食卓やお弁当の定番とも言えるオクラですが、みなさんはど

記事を読む

写真1

みかんの食べ過ぎは肌に悪い?便秘や下痢の心配は?効果効能まとめ

日本人なら、こたつにみかん が定番ですよね。こたつはなくても、みかんだけは、冬の果物として欠かせませ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑