*

花火の掛け声はなぜ「鍵屋」と「玉屋」?解説します。

質問です!

「た~まや~!」、「か~ぎや~!」と聞いて何を思い浮かべますか?

この質問にはおそらくほとんどの人が、「花火」と答えると思います。

では、続けて質問。

なぜ花火のときにこの掛け声?
と、聞かれるとどうでしょう。

意味はよくわからないけど、花火のときの掛け声と言えばコレらしい、なんて人もきっと多いはず。
確かに、最近では実際に耳にすること自体少なくなっていますが、言われてみるとなんだか気になるこの掛け声。

ここでは、そんな「たまや」と「かぎや」の由来や、それぞれの違いについてご説明します。

花火シーズンにこの雑学を披露すれば人気者になれるかも?

SPONSORED LINK

鍵屋と玉屋!それぞれの由来とは?

目で文字として見るより、耳で聞くことが多いこの掛け声、漢字にすると「玉屋」「鍵屋」となります。
「屋」という字からお分かりの通り、商売をするお店を指しています。

何屋かと言えばもちろん花火屋さん、つまり、玉屋と鍵屋の掛け声は、花火屋さんの屋号が元となっているのです。

では、玉屋と鍵屋の歴史を辿って、花火大会で掛け声として使われるようになったその経緯を見ていきましょう。

そもそも、花火の素とも言える火薬は、鉄砲や狼煙といった戦の為に使われるもの、としての色合いが濃いものでした。

そんな火薬が“花火”として一般に認知され始めたのは江戸時代のこと。
この花火の黎明期とも言える時代に活躍していた花火屋こそが、日本橋は横山町の「鍵屋」です。

筒の中に火薬を入れて星を打ち出す、現在の打ち上げ花火の原型を開発するなど、江戸時代はこの鍵屋によって花火の製造技術が急速に発展した時期でもありましたが、とはいえ、花火はまだまだ庶民には縁遠いもので、一部の裕福な豪商が贅沢な娯楽として楽しむ程度でした。

そんな折、現在の隅田川にあたる「両国の大川」にて、花火大会が催されることになります。
そこで鍵屋の名を広く世に知らしめる活躍をしたのが、鍵屋の六代目である花火師の弥兵衛です。

SPONSORED LINK

鍵屋と玉屋の違いとは?

その花火大会からおよそ70年後、鍵屋で腕の良い番頭であった清七という男が暖簾を分けてもらえることになりました。

そして、鍵屋から分家した際に清七が名乗った屋号が「玉屋」だったのです。
以降、花火界は鍵屋と玉屋の両雄が並び立つ時代となります。

これまで鍵屋が仕切っていた両国の花火大会も、両国橋を挟んだ上流を玉屋、下流を鍵屋が分担して受け持つこととなりました。

すると、橋を挟んで凌ぎを削る両花火屋に対し、観客から応援の意味を込めた掛け声があがるようになりました。

それが「た~まや~!」、「か~ぎや~!」という、花火見物お馴染みの掛け声となっていったのです。

ちなみに、その後の鍵屋と玉屋はというと、その立場が徐々に逆転していくことになります。
花火の評判はもっぱら玉屋に軍配が上がり、人気は玉屋に集中するようになりました。

その様子は当時の浮世絵や川柳にも題材として多く残っており、玉屋人気がどれほど大きかったのかがわかります。

ところが、玉屋立ち上げからおよそ35年、玉屋の失火による火災で、玉屋は全焼してしまいます。
当時、出火というのは非常に重い罪で、玉屋はそのまま江戸の町を追放されてしまいました。

結局、玉屋と鍵屋が競演した時代はわずかに32年でしたが、その影響は大きく、その後も定番の掛け声として語り継がれていくことになったのです。

玉屋は一代でなくなってしまいましたが、鍵屋はなんと現在にも受け継がれています。

鍵屋 玉屋 花火

今回は鍵屋、玉屋について調査してみました!

そして、この掛け声の意味を知ったあなた。

今後打ち上がったものが鍵屋の花火だとわかることがもしあれば、「か~ぎや~!」と声をあげてみるのも面白いかもしれませんね。

SPONSORED LINK

関連記事

8c890dbf1dd853dc70e936892fad9de8_s

幼稚園の謝恩会。服装はこれでOK!選ぶポイントやNGな服とは?

先生方に卒園時に開催される幼稚園の謝恩会。 仲の良いお友達のママさんなど先生含め女性が主となる

記事を読む

青じそ保存

青じその保存方法。冷凍や乾燥のコツを超わかりやすく解説!

天ぷらにしてもよし、ドレッシングにしてもよし、パスタから肉料理まで何にでも使える青じそ。しかも栽培が

記事を読む

576ef70ffe797b056c3dff99906abf63_s

送別会の挨拶。送る側、送られる側のユーモア溢れる例文を紹介!

人との出会いは一期一会といいますが、別れもまた同じ。出会いの瞬間を大切にするのと同じように、最後の瞬

記事を読む

指 長さ 平均

指の長さの平均。男女別の結果は?測り方は?面白動画あり。

長く伸びた指、すらっとした手先、なんだか憧れますよね。指の長さは本当に人それぞれ。「うちは遺伝で家族

記事を読む

さんま 塩焼き 内臓

さんまの塩焼き。内臓は食べられる?食べ方は?寄生虫の危険は?

秋刀魚(あきのさかな)と書いてサンマと読む。そんな季節の訪れを感じさせてくれる日本人ならではの和食の

記事を読む

梅まつり

梅まつり2016の詳細まとめ!日程やアクセスは?穴場スポットは?

2月から3月頃にかけて花を咲かせ、桜よりも早く私たちに春の訪れを報せてくれる『梅』。奈良時代には花見

記事を読む

タトゥーと刺青の違い。超簡単な見分け方。消し方や金額について。

最近、おしゃれでタトゥーを入れている若い人も多いかと思います。昔は、任侠の世界の方やちょっと強面の方

記事を読む

花

敬老の日に絶対喜ばれる花の種類と花言葉とは?

毎年9月の第三月曜日は敬老の日ですね。この日は大好きな、おじいちゃん、おばあちゃんに感謝を伝える日で

記事を読む

コインランドリー時間乾燥(毛布布団など) (1)

コインランドリーの乾燥時間。毛布や布団が乾くまで何分?料金は?

近頃、町中でコインランドリーを見かけることが多くなったと思いませんか? その数はここ10年で3割も増

記事を読む

3

クリスマスツリーの飾りを手作りで!動画で簡単!飾りつけ方法解説。

毎年クリスマスの時期になると街がイルミネーションで明るくなり、きらびやかになりますね!もうすぐそんな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑