*

蜂にさされた時の対処法。腫れやかゆみはどうする?

皆さんは蜂に刺された事がありますか?

私はとある観光名所に行った時、写真を撮ろうとしてしゃがむと『ズキッチクッ』っと膝の裏に違和感を感じました。

何だ痛いなぁ、痒いしもう!とグチグチいっていたのですが、そう、それは蜂を膝裏で挟んでしまい刺されてしまったのです!

私が悪いのか蜂よ。なんでそんなところにいるのだ。

考えてみればたいした処置を行わなかったのですが、今考えると恐ろしいし、そもそも蜂じゃなかったかもしれません。

ということで、今回は蜂に刺された時の対処法について紹介します。

SPONSORED LINK

処置について

刺されたら!蜂の毒は回るのが早いので必ず応急処置を行いましょう!!
私のはたまたま運が良かったのかもしれませんね。

そんな時の処置について調べてみました。

  1. その場から離れる
  2. 姿勢を低くしてその場から一目散に逃げ去りましょう。出来れば人の目のつくところに。大声を出したり、蜂を振り払ったりしてはいけません、余計な刺激を与える事は厳禁です。
    何故こうするかというと、蜂は針から警報フェロモンというものをまき散らかします。このフェロモンのせいで他の蜂達が集まり、襲われてしまうのかもしれないのです!そうなったら時既に遅し。50mは離れる事が望ましいでしょう。

  3. 傷口を洗う
  4. 流水でよく洗う事によって、毒が薄まり、腫れや痛みが和らぎます。早めに行うのがいいでしょう。
    針が残っている場合は早めに抜いておきましょう。そうしないと、針の根元についている毒の袋からどんどん毒が流れてきてしまいます。指で抜こうとすると袋を押し出してしまう可能性があるので、毛抜きやカードなどで横に振り払う等して取ると無難でしょう。
    このとき、絶対口で吸おうとしないでください!口から毒が回ってしまいます!専用の吸引機などがあるので、それを使用しましょう。アウトドアショップで販売されているようです。

  5. 傷薬を塗る
  6. 調べてみると抗ヒスタミン系成分を含むステロイド系軟膏。がいいとのこと。簡単に言えば痒み止め効果があり、皮膚の炎症や痛みを抑える薬です。よくわからなかったら薬局で聞いてから使用しましょう。

  7. 冷やす
  8. 傷口を冷やしましょう。そして出来るだけ医者に行く事をオススメします。蜂の毒はムラがあるのですぐに症状がでない場合があります。落ち着いたら速やかに皮膚科へ。

ちなみに何種かの蜂は威嚇する時にカチカチと音をならすそうです。怖い!!

SPONSORED LINK

腫れについて

蜂に刺された時に起こる、傷口の腫れ。
人や蜂の種類の違いで腫れ方も期間も変わってきます。

一週間ですっかり良くなる場合もあれば、一年経っても少し傷が残る場合。
傷口がちょっと腫れて終わる場合もあれば、風船を膨らませたようにぱんぱんにはれてしまうものまで。

手や、顔を刺される事が多いと見る人もいます。
それは、蜂は黒い色に反応するのでそれに近い部位ということですね。顔なんか刺されたら大変です。

刺されて凄く腫れてしまったりしたら必ず皮膚科に受診しましょう。
そうでなくても、受診後薬を塗る等すると症状が軽くなったり、治るのが早くなったりするので、早めに受診する事をオススメします。

蜂 刺された 晴れ

かゆみについて

とにかく痒いです。傷口が熱くて熱くて。
冷やすと大分違うのですが、痒み止めを塗っても全然変わらない時もあります。

そんな時は迷わず受診!!皮膚を掻きまくると逆効果です。
刺された時にアレルギーを起こしてしまい、傷口は治っているのにずっと痒いなんてこともあるそう。

そうなる前に早くお医者さんに行きましょう!!

【関連記事】こちらも合わせてご覧ください!!
蜂の駆除方法を詳しく紹介!役所&業者の利用方法。

結論

いかがでしたか?

出来れば一生刺されたくない!
外で作業したり蜂がいそうなところで作業する時は、真っ白な格好でしたり、虫除けをしたりして刺される事を防ぐのも効果的!

さされてしまったら、アナフィラキシーショックなどのアレルギー反応を起こし、時としては死に至る事もあります。
アレルギーの有無を調べるには血液検査ですぐわかるそうなので、心配な方は一度受けてみるといいでしょう。

何はともあれ、刺されたらとりあえず皮膚科に受診するのがよさそう。
色々と調べるのはもちろん必要ですが、躊躇せずに専門家に診てもらいましょうね。

SPONSORED LINK

関連記事

犬 夏バテ 対策 食事

犬の夏バテ対策はココ!!知っておくべき食事とは?

ここ最近の日本の夏はとにかく暑い! 夏バテや熱中症にかかってしまう人も年々増加しており、しっか

記事を読む

28bfeee34ecad4ecb818607d103e5b0f_s

猫の熱中症対策!症状別の治療法はコレ!後遺症は危険?

夏の暑さに耐えられないのは人間だけはありません。 実は動物にも起きるのです。 私も幼いこ

記事を読む

手足病

子供の夏風邪の意外な原因は?対策をここでチェック!!

もうすぐ夏ですね!夏だしどこかお出かけしたいなあと、もう予定を立てている方もいらっしゃるのではないで

記事を読む

むくみ 足 解消 グッズ ソックス

足のむくみ解消グッズを一挙紹介!着圧ソックスの効果とは?

「夕方になるとブーツがキツイ!」というこのフレーズ。 すぐに連想されるのは「足のむくみ」ですよね。

記事を読む

ロタウイルスの大人の症状。感染したら仕事は休む?子供との違いは?

「ロタウイルス」?「ノロウイルス」は聞いたことあるけれど、初めて聞いた方が多いかもしれないこのロタウ

記事を読む

d9a11a92b519a59d3a0cac9177a3173c_s

【超簡単】窓の結露を防止する方法とは?サッシやペアガラスの対策術

冬になると、どうしても気になってしまうので窓の結露じゃありませんか? 私の家でも、窓という窓は

記事を読む

蜂 駆除

蜂の駆除方法を詳しく紹介!役所&業者の利用方法も。

公園でのんびりランチをしたり、BBQが楽しくなる季節がやってきました!! 先日私もピクニックに

記事を読む

090972

痛風の症状。足のしびれに注意?原因と効果的な対策をチェック!

どんな病気でもつらいものですが、中でも「風が吹いても痛い」というくらい、激しい痛みをともなう「痛風」

記事を読む

秋の花粉症対策。原因はブタクサ?薬やグッズは有効?

春を耐え、夏が過ぎたと思ったらまたやってくる。 そう、あいつです。秋の花粉症。 鼻水や目のかゆみ、

記事を読む

b8b0e0c62ccddba6b8464fb2c1d39134_s

巻き爪は病院で治すべき!?何科を選ぶ?オススメの専門外来は?

足の親指の爪が内側に入り込み、孤を描いたような状態になってしまう巻き爪。巻き爪になったばかりのころは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑