*

蜂にさされた時の対処法。腫れやかゆみはどうする?

皆さんは蜂に刺された事がありますか?

私はとある観光名所に行った時、写真を撮ろうとしてしゃがむと『ズキッチクッ』っと膝の裏に違和感を感じました。

何だ痛いなぁ、痒いしもう!とグチグチいっていたのですが、そう、それは蜂を膝裏で挟んでしまい刺されてしまったのです!

私が悪いのか蜂よ。なんでそんなところにいるのだ。

考えてみればたいした処置を行わなかったのですが、今考えると恐ろしいし、そもそも蜂じゃなかったかもしれません。

ということで、今回は蜂に刺された時の対処法について紹介します。

SPONSORED LINK

処置について

刺されたら!蜂の毒は回るのが早いので必ず応急処置を行いましょう!!
私のはたまたま運が良かったのかもしれませんね。

そんな時の処置について調べてみました。

  1. その場から離れる
  2. 姿勢を低くしてその場から一目散に逃げ去りましょう。出来れば人の目のつくところに。大声を出したり、蜂を振り払ったりしてはいけません、余計な刺激を与える事は厳禁です。
    何故こうするかというと、蜂は針から警報フェロモンというものをまき散らかします。このフェロモンのせいで他の蜂達が集まり、襲われてしまうのかもしれないのです!そうなったら時既に遅し。50mは離れる事が望ましいでしょう。

  3. 傷口を洗う
  4. 流水でよく洗う事によって、毒が薄まり、腫れや痛みが和らぎます。早めに行うのがいいでしょう。
    針が残っている場合は早めに抜いておきましょう。そうしないと、針の根元についている毒の袋からどんどん毒が流れてきてしまいます。指で抜こうとすると袋を押し出してしまう可能性があるので、毛抜きやカードなどで横に振り払う等して取ると無難でしょう。
    このとき、絶対口で吸おうとしないでください!口から毒が回ってしまいます!専用の吸引機などがあるので、それを使用しましょう。アウトドアショップで販売されているようです。

  5. 傷薬を塗る
  6. 調べてみると抗ヒスタミン系成分を含むステロイド系軟膏。がいいとのこと。簡単に言えば痒み止め効果があり、皮膚の炎症や痛みを抑える薬です。よくわからなかったら薬局で聞いてから使用しましょう。

  7. 冷やす
  8. 傷口を冷やしましょう。そして出来るだけ医者に行く事をオススメします。蜂の毒はムラがあるのですぐに症状がでない場合があります。落ち着いたら速やかに皮膚科へ。

ちなみに何種かの蜂は威嚇する時にカチカチと音をならすそうです。怖い!!

SPONSORED LINK

腫れについて

蜂に刺された時に起こる、傷口の腫れ。
人や蜂の種類の違いで腫れ方も期間も変わってきます。

一週間ですっかり良くなる場合もあれば、一年経っても少し傷が残る場合。
傷口がちょっと腫れて終わる場合もあれば、風船を膨らませたようにぱんぱんにはれてしまうものまで。

手や、顔を刺される事が多いと見る人もいます。
それは、蜂は黒い色に反応するのでそれに近い部位ということですね。顔なんか刺されたら大変です。

刺されて凄く腫れてしまったりしたら必ず皮膚科に受診しましょう。
そうでなくても、受診後薬を塗る等すると症状が軽くなったり、治るのが早くなったりするので、早めに受診する事をオススメします。

蜂 刺された 晴れ

かゆみについて

とにかく痒いです。傷口が熱くて熱くて。
冷やすと大分違うのですが、痒み止めを塗っても全然変わらない時もあります。

そんな時は迷わず受診!!皮膚を掻きまくると逆効果です。
刺された時にアレルギーを起こしてしまい、傷口は治っているのにずっと痒いなんてこともあるそう。

そうなる前に早くお医者さんに行きましょう!!

【関連記事】こちらも合わせてご覧ください!!
蜂の駆除方法を詳しく紹介!役所&業者の利用方法。

結論

いかがでしたか?

出来れば一生刺されたくない!
外で作業したり蜂がいそうなところで作業する時は、真っ白な格好でしたり、虫除けをしたりして刺される事を防ぐのも効果的!

さされてしまったら、アナフィラキシーショックなどのアレルギー反応を起こし、時としては死に至る事もあります。
アレルギーの有無を調べるには血液検査ですぐわかるそうなので、心配な方は一度受けてみるといいでしょう。

何はともあれ、刺されたらとりあえず皮膚科に受診するのがよさそう。
色々と調べるのはもちろん必要ですが、躊躇せずに専門家に診てもらいましょうね。

SPONSORED LINK

関連記事

bbabfb954962537388b480b91df3740a_s

赤ちゃんの鼻づまり解消法!超簡単に出来る5つのワザとは?

「ゴーゴー」「ズーズー」「プシュー」「スピー」 赤ちゃんの鼻づまりの音がして、ママも気になっち

記事を読む

子供

子供の夏バテ対策まとめ!良くある症状と効果的な予防。

日に日に夏に近づいていく事が恐怖の今日この頃。最近は、熱中症で亡くなられたり暑さが引き起こす病気や怪

記事を読む

発熱イメージ

おたふく風邪の大人の症状。腫れはひどい?初期症状と治療方法。

おたふく風邪なんて子供がかかる病気でしょ?と、侮っていた去年の私は、まんまとおたふく風邪の餌食となり

記事を読む

注射

インフルエンザの予防接種。2015年の値段は?相場はいくら?

年末年始のニュースの常連「インフルエンザ」毎年毎年その力をアップして登場しますよね。そんなインフルエ

記事を読む

086155

足の冷え性はこれで治った!驚くほど冷えに効く対策と解消法!

暑い暑いと言われた夏も終わり、気が付けば紅葉していた木々もすっかり裸になって季節は冬! 「まだまだ、

記事を読む

7428a85ea12e821d031c72034c7bb0fd_s

ロタウイルスの予防接種はなぜ必要?費用や副作用を超詳しく解説!

ウィルス性の下痢といえばノロウィルスが有名ですが、近頃よく耳にするのが「ロタウィルス」。乳幼児に罹り

記事を読む

病気

赤ちゃんの下痢!離乳食はやめるべき?おすすめレシピとNGな食事

赤ちゃんの病気ってどうしたらいいか分からないですよね。なにせどこが痛いのか、どういう風に痛いのか教え

記事を読む

猫に蚊取り線香は大丈夫?効果や害を徹底調査!

暑い夏が来た!!ムシムシジメジメ。実家の猫も至る所で涼んでいます。ある時はフローリングの廊下。ある時

記事を読む

b8b0e0c62ccddba6b8464fb2c1d39134_s

巻き爪は病院で治すべき!?何科を選ぶ?オススメの専門外来は?

足の親指の爪が内側に入り込み、孤を描いたような状態になってしまう巻き爪。巻き爪になったばかりのころは

記事を読む

a1380_000401

へそピアスは痛い?!開け方・ピアッサーの注意点まとめ!参考動画あり

本格的な夏が近づき、薄着になるこの季節。 シャツの裾から、チラリとへそピアスが見えたりすると、 「お

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑