*

犬の夏バテ対策はココ!!知っておくべき食事とは?

ここ最近の日本の夏はとにかく暑い!

夏バテや熱中症にかかってしまう人も年々増加しており、しっかりとした予防・対策が必要です。

そして、夏が暑くてつらいのは人間もペットも同じです。
特に犬は、寒い地域にそのルーツを持つため、一般的に暑さに弱いと言われています。

夏バテしていることを口に出して伝えることができない分、飼い主である皆さんは、よくよく注意して見てあげないといけません。

そこで今回は、犬の夏バテ対策についてご紹介していきます。

しっかりと確認して、大切なワンちゃんを夏の暑さから守ってあげましょう。

SPONSORED LINK

犬が夏バテする原因

ほとんどの犬は全身に毛皮を着ているようなものですので、そりゃあ夏は暑かろう、という感じですが、更に言えば、犬は屋外では人間以上の暑さを体感しています。

というのも、犬は四足歩行なので地面に近い位置に身体の大部分があります。
そうすると、太陽の直射日光だけでなく、地面からの照り返しを間近で浴びてしまうことになるのです。

これを聞くだけでもこっちが夏バテしてしまいそうですが、犬が夏バテしてしまう、または夏バテしやすいのには、それ以外にも犬ならではの理由があります。

犬は人間と違い、皮膚に汗腺を持ちません。つまり、どんなに暑くても汗をかかないんですね。
その代わり、犬はパンティングという方法で体温調節を行います。

パンティングとは舌を出した状態でハッハッ!と呼吸するアレです。
パンティングによって空気が体内を出入りすることで、口の中の唾液や、粘膜に含まれる水分が蒸発し、その気化熱によって体温を下げているのです。

しかし、湿度が高い日本の夏では、パンティングをしても水分が蒸発しにくいので、体温をうまく下げられません。
そればかりか、パンティングを続けることで、かなりの体力を消耗してしまいます。

私たちで例えるなら、夏場にうちわで扇ぎ続けるのに近いかもしれません。
あまり涼しくなくても、しないよりマシだからと扇ぎ続けて、結果として疲れてしまう、といった感じでしょうか。

このように、暑いのにパンティングによって体温が下げることができず、更に体力を消耗してしまう。
こういったことが、犬の夏バテの主な原因と言えます。

SPONSORED LINK

犬の夏バテ対策

一番重要な対策は水分補給です。
ご紹介した通り、パンティングは水分を蒸発させますので、水分不足に陥りやすくなります。

普段から水入れにたっぷりと水を用意しておくことはもちろん、散歩のときにも水を持っていき、いつでも水分補給できるようにしてあげましょう。

当然、気温の高い環境も避けてあげたほうが良いです。
例え室内でも、日光があたる場所に居続ければ夏バテや熱中症にかかる危険性があります。

日陰で風通しがいい場所を作ったり、犬用の冷却マットを用意してあげると効果的です。
また、散歩に行きたがらないときは夏バテ気味の可能性あり。

そんなときは無理に連れて行かないで、2~3日休ませて様子をみてあげましょう。

犬 夏バテ 対策 食事

食事の管理について

夏場は食事の管理も重要です。
基本的に夏は食欲が多少落ちるのですが、あまりに食べる量が少ないようであれば要注意。

普段の食事に工夫を加えて食欲を回復してあげましょう。
普段の食事はドライフードがほとんどという場合は、ウェットフードを少し混ぜてあげると、食欲増進が期待できるほか、水分補給にも有効です。

先ほど水分補給が大切と言いましたが、水ばかりを飲ませるのも良くありません。
胃酸が薄まってしまい、食欲低下や、消化不良を起こすことがありますので、ウェットフードなど水分の多いご飯で、食事からも水分を摂取できるようにしてあげましょう。

ウェットフード以外にも、おやつとしてスイカやキュウリ、トマトなども水分が多くてオススメです。

犬 夏バテ 対策

【関連記事】こちらも合わせてご覧ください。
猫の脱水症状にはポカリが有効?知っておきたい原因と対策
猫の夏バテ対策を学ぼう!知っておくべき情報が満載!!
猫の連続くしゃみは危険?!原因と対策まとめ
犬の連続くしゃみは危険?!原因と対策まとめ
犬にこたつは危険なの?注意点を細かくチェック!動画あり。

冒頭でもお話した通り、夏が暑いのは人間も犬も一緒です。
これらご紹介した内容を参考に、あなたもワンちゃんも一緒に、元気で夏を乗り切りましょう。

SPONSORED LINK

関連記事

24285123-白い背景の上の彼女の肘の痛みを持つ若い女

肘の痛み。内側が痛い原因!しびれの治療や失敗しない病院の選び方

最近、母が「特に何もしていないのに、手や手首を動かすと肘の内側が痛くなるのよ~。」とぼやくようになり

記事を読む

a0960_003793

東京のうさぎカフェ。おすすめの超人気3店舗はココ!動画あり。

動物は大好きだけど、東京ではちょっと一緒に暮らしにくい、だけどどうしてもモフモフしたい! 癒されたい

記事を読む

f47e260b5651d86f6116e42fed2502be_s

左のみぞおちの痛み。一番の原因と効果的な治療方法。何科に行く?

なんだか左にある心臓付近が痛む…、左側のみぞおちがズキズキする…。そんな症状ありませんか?心臓に近い

記事を読む

086155

足の冷え性はこれで治った!驚くほど冷えに効く対策と解消法!

暑い暑いと言われた夏も終わり、気が付けば紅葉していた木々もすっかり裸になって季節は冬! 「まだまだ、

記事を読む

c406109b82932d1027bd62a3d844a2b8_s

冷え性が妊娠確率に影響する?子宮を冷やすと危険?原因と改善策。

女性で冷え性の人、多いです。私もそのうちの一人です。冬が始まると手足が冷え切って、どうにも辛いですよ

記事を読む

生姜紅茶

食べると身体がポカポカ!冷え性改善に効果抜群な食べ物&飲み物。

私は冬でもお洒落をしたいな~、と思ってはいるのです。短いスカートにショートブーツを合わせる。ガウチョ

記事を読む

b8b0e0c62ccddba6b8464fb2c1d39134_s

巻き爪は病院で治すべき!?何科を選ぶ?オススメの専門外来は?

足の親指の爪が内側に入り込み、孤を描いたような状態になってしまう巻き爪。巻き爪になったばかりのころは

記事を読む

a0006_001870

赤ちゃんの下痢が続く原因は?元気でも病院は必要?症状と対処法。

赤ちゃんはよく下痢をしたり、風邪をひいたりしますよね。下痢をしていても、体は元気でよく動いたりするこ

記事を読む

3c2505cb5bc9cdcfe2f25db1c1391a60_s

犬の熱中症の症状。正しい対策・治療とは?間違った処置は危険?

私は昨冬から犬を飼い始めました。 まだまだ子供で、いたずら好きで、でも可愛くて…! 犬と一緒に

記事を読む

蚊取り線香は犬に危険?効果や害を徹底調査!

暑い日が続く今日この頃。日が出ていなくてもムシムシしますよね。そんな時にやってくるのが蚊!! 外にい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑