*

子供の夏バテ対策まとめ!良くある症状と効果的な予防。

日に日に夏に近づいていく事が恐怖の今日この頃。最近は、熱中症で亡くなられたり暑さが引き起こす病気や怪我のニュースを夏になる度に多く目にします。

私達大人はそれでもある程度までは我慢が出来たり、自分でどうにか対処できたりしますが、子供はそうはいきません!!いきなり倒れてしまったり、けいれんを起こしてしまったり。考えるだけで心配!!夏前に子供の夏バテについてしっかり学び、お子さんを守りましょう!!

SPONSORED LINK

症状

太陽

まず、簡単なチェック項目!

  • 体がだるい
  • やる気がない
  • イライラする
  • 熱っぽい
  • ふらふらする
  • むくんでいる
  • 食欲がない
  • 下痢&便秘

 

子供ははっきり「熱っぽい」とは言えませんよね?普段から「あれ?うちのこご飯食べる料減った?」など、会話と目でチェックする事が大事!

そもそも夏バテとははっきりとコレッ!といったものがないそうなのですが、夏場にだるい、食欲がない。これを主に夏バテと呼んでいます。

近年、空調設備の発達により、汗を出す皮膚の穴「汗腺」が年々減っていっていると言われています。ただでさえ新陳代謝が子供は活発なのに汗を十分にかけない事によって、体内の温度が下がらず、夏の暑さも相まって夏バテを引き起こしやすくなってしまうのですね。

また、暑さによって消化機能が低下し、食欲減退を引き起こします。そこでなってしまうのが栄養不足。体に大切なビタミンやミネラルがどんどん減っていきます。また、暑いからといって冷たい物ばかりとっていると、胃腸の働きが悪くなり、食欲減退が悪化します。だれもが一度は言われた事のある「暑いし食欲ないからって、アイスばっか食べてるんじゃない!」は本当なのですね!

 

熱・頭痛

 

「熱っぽい。んー夏バテかな?ご飯食べさせときゃなおるか」

ちょっと待って!!ただの夏バテならまだ大丈夫だけど、夏バテから夏かぜにレベルアップしているかも!!確かに、風邪って免疫力が低下した時に起こるし、子供は免疫力が大人より低いですよね?一体どんな症状が出てしまうのでしょう!!

 

子供がかかりやすい夏かぜ

◎アデノウイルス感染

39℃以上の熱が4.5日続き、喉の痛みが強い感染症。乳幼児から小学生に多く見られます。下痢、頭痛、吐き気等を伴う事もあるのですが、高熱の割に元気な子供が多いそうなのですが、飛沫感染するのでしっかり休ませましょう。

また、小学生の時とか、プールの次の日とかに休む人多くありませんでした?これは、咽頭結膜炎、俗に「プール熱」と呼ばれているアデノウイルス感染の一種で、結膜炎などを伴います。目やにが酷かったらこれかもしれません。

 

◎手足口病

これがやっかいな病気で、簡単に言えば口の中、手のひら、足の裏に発疹水泡ができます。だがしかし!高熱を伴う場合とそうじゃない場合があるので、「あせもかしら?」「水ぼうそうかしら?」と勘違いしてしまう人も多いそう。口の中に水泡が出来る場合があるので、水を飲みたがらなくなってしまいます。そうなると脱水症状を担ってしまうので気をつけましょう。

 

◎ヘルパンギーナ

かかる人の90%が5歳以下の乳幼児という感染症。39℃前後の高熱、嘔吐、腹痛、口内に水泡や水ぶくれができてしまいます。

手足口病となんとなくにていますが、ヘルパンギーナはいきなり高熱が出て、水泡は口内のみ、手や足などには広がりません。

 

この三つが夏かぜ代表格です。

SPONSORED LINK

 

食事

 

夏バテで体はへとへと。美味しい物でパワーチャージしてほしいところですが、どうしても冷たいそうめん類に頼りがち。夏バテ状態の体には栄養が全然足りていない!!この、夏バテ解消法に有効とされている栄養素は『ビタミンB1・B2・クエン酸』です。この三つが摂取した炭水化物をエネルギーへと変換してくれます。これがないと、脂肪などに変わってしまいます。

 

ビタミンB1・B2を多く含む食材

  • 豚肉
  • レバー
  • 枝豆
  • 納豆
  • いわし
  • うなぎ
  • たまねぎ
  • モロヘイヤ

など

 

クエン酸を多く含む食材

  • 柑橘類
  • 梅干し

など

 

こう書くとなんとなく難しい気がしますが、これらを意識して取るようにしながらバランスよく摂取する事が大事。食欲がない時でも、お酢や香味野菜(生姜やミョウガなど)をきかせると食べやすくなります。とはいうものの、子供も嫌いな物もちらほら、そんなに沢山食べてくれません。簡単に出来て子供受けしそうな物を考えてみました!!

 

・豚しゃぶうどん&ほうれん草と豆腐のみそ汁

豚肉をゆでてうどんにどーん!梅肉をつぶしてレモン汁をしぼると爽やかな香りに包まれます。大人は薬味を沢山乗せても美味しい。ほうれん草と豆腐のお味噌汁でビタミンB1をもっと摂取!

・うなぎの卵とじ丼

ちょっと奮発してうなぎの蒲焼。さいころ状に切ってそれを玉ねぎと合わせていためてたれを入れた卵でとじてご飯にどーん!ふわふわ卵とうなぎがベストマッチ!

・酢豚

みんな大好き中華!甘酸っぱい味は子供みんな好きな味ですよね?

 

などなど、料理はあまり上手ではないのですが考えてみました!きっとおいしいはず。きちんと食べて元気に遊びましょう!!

また、水分補給も大事な食事の一種。最近流行のフルーツ酢のソーダ割なんかもよさそう!家の中外関係なく、喉が渇いていなくてもちょこちょこ水分を取りましょう。

 

対策

子供

規則正しい生活と食事!これにつきます。暑くても、冷たい物ばかり飲んだり食べたりmさせないこと。親も暑いとビール!となってしまいますが、たまにはしょうが湯で暖まったりして、体を活性化させましょう。

空調設備が整備されている事はとてもいいことですが、その温度の差で体がやられてしまうこともあります。家でゲームばかりではなく、外で遊ばせる事も大事!!子供のうちにちゃんと暑さに慣れておかないと汗腺が衰え、より夏バテしやすい体になってしまいます!将来の子供の体は親次第!頑張りましょう!!

SPONSORED LINK

関連記事

ブラシ

高校生の抜け毛はどれくらい?平均は?原因と対策まとめ

抜け毛薄毛・・・それは大人の男性について回る髪の毛のアクシデント。男性ほどではありませんが、最近では

記事を読む

鼻かみ

インフルエンザ検査キット。費用はいくら?陰性、陽性の見分け方。

寒くなって空気が乾燥してくると流行ってくるのがインフルエンザ。かかりはじめは風邪の症状とほぼ変わらな

記事を読む

手足病

子供の夏風邪の意外な原因は?対策をここでチェック!!

もうすぐ夏ですね!夏だしどこかお出かけしたいなあと、もう予定を立てている方もいらっしゃるのではないで

記事を読む

痩せる歩き方

痩せる歩き方ってあるの?脚やお腹に効果抜群の動画はコレ!!

ダイエットしなきゃ・・・と思うと、まずはフィットネス・ジムに通ってランニングマシンで汗かいて、マシン

記事を読む

秋の花粉症の時期。2015はいつから注意?症状は?

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ…etc. これらの症状、花粉症の人は聞いただけでもムズムズし

記事を読む

a1380_000401

へそピアスは痛い?!開け方・ピアッサーの注意点まとめ!参考動画あり

本格的な夏が近づき、薄着になるこの季節。 シャツの裾から、チラリとへそピアスが見えたりすると、 「お

記事を読む

花粉症の薬。妊娠中の妊婦は危険?鉄板で効く対処法とは?

日本人は花粉症の人が多いです。特に妊婦さんは、妊娠前よりも花粉症の症状が悪化する事が多いようです。

記事を読む

右下腹部の痛み。女性の症状と原因は?チクチクや虫垂炎は危険?

女性にとって下腹部は、生きていく上で一番重要な身体の部分といっても過言ではないほど、気にかかるところ

記事を読む

a0001_017114

おたふく風邪は感染する?潜伏期間は?予防と対策方法の詳細。

おたふく風邪ってご存知ですか? もちろん名前は知っているという方がほとんどだと思います。では実

記事を読む

11e63190e766fcb15f19ba04785aa930_s

赤ちゃん(乳児)の熱中症の症状。夜の熱の対策は?母乳は危険なの?

熱中症って怖いですね。 まだまだこれくらい大丈夫と思っている初夏でもガツンとやられてしまいます

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑