*

夏風邪による咳や痰の原因と対策まとめ!!

日傘

 

冬のインフルエンザを越え、春の花粉症を超え、やっと落ち着いた!と思った頃に現れるのが「夏風邪」ですね。

なんかおかしい。。。から一気に悪化し、長引く夏風邪。暑いと思って窓開けて寝たら喉やられてる!からのスピード感とてつもないですよね。私は今年一回もうその喉の痛みがあり、マスク加湿器ガンガンで寝たら治りました!未然に防いだ!!と個人的には思っているのですが、果たしてそれてよかったのか?

今回は大人も子供も厄介な夏風邪についてご紹介します。

SPONSORED LINK

咳の原因

喉痛い

夏風邪。きいて一番最初に思い浮かぶのは長く続く咳ではないでしょうか?何故咳が出るのかというと体外から入ったウイルス等を出すためですよね?でもずっと続く、咳だけが続く。まだ風邪治らないのー??まって!それはきっと夏風邪が進化した別の病気かも!!

考えられるのは結核、百日咳、アレルギーによる喘息等様々な理由が考えられるのですが、この暑い時期にかかりやすい病気として「夏型過敏性肺炎」というのがあります!

 

6月から10月をピークとして発症しやすいこの夏型過敏性肺炎。

例えば、家の中のほこりから!台所や浴室などに繁殖しているカビから!至る所に潜むトリコスポロン等の酵母カビが原因でおこります。このカビですが高温多湿な環境で腐木などを栄養源として発育します。高温多湿といえば日本ですよね。その中でも台所や浴室、畳の下等にカビが生えていると危険!このカビの胞子は非常に小さいので、飛散しやすく吸い込みやすいときたもんだ。

なので、専業主婦など家に長くいる人がかかりやすいのです。家にいればいる分だけかかりやすくなるので、旅行等行くと自然と症状はおさまりますが、根本をどうにかしないとかかり続けます。対策としては、なるべく水を残したまま水場を離れないとか、換気きをきちんとするとか。畳も張り替えをしたり、消毒をしたりするのがいいでしょう。

 

ただの咳と考えて放っておくとまさかの病気になっているかもしれません。あまり長引くようだったら内科等を受診しましょう、呼吸器科でもいいかと思われます。

 

痰の原因

咳は分かったけど、も絡んでつらいですよね?この痰は咳と同じで体内のウイルスを出そうとするもの。あまりにも続くようなら咳と同じでなにか病気になっている可能性が!

先ほどの夏型過敏性肺炎や、気管支炎など様々な理由が考えられます。

また、痰の色ですが、無色透明に始まり黄色や緑など様々な色が出てくる事があります。通常は無色なのですが、だんだん粘度の高い黄色になっていき、回復傾向に向かっていると緑色になることも。ただこれも一概にはいえません。緑色の痰は結核の恐れがあったりとてもじゃないけど素人目では判断できない物。おかしいな?とおもったら、耳鼻咽喉科に受診しましょう。

 

SPONSORED LINK

対策

①うがい、手洗い、目洗い

寒い時期にはしっかりやるけど、手は洗うけど夏場は・・・って人いませんか?夏もしっかり行いましょう!夏風邪は目から感染してくる場合があるので、目もしっかり洗いましょう!目薬等で流すのも可!もし誰かが菌をもっていた時に防ぐ事が出来るので、手を拭くタオルも家族と共有するのをやめるといいでしょう。

 

正しい手の洗い方

 

②過度な温度調整をやめる

エアコンによる冷え等で体調を壊しやすくする事もあります。外に出ると自分で管理が完全にできるわけではないので、薄手のカーディガンや大判のスカーフ等を携帯するといいでしょう。

③しっかり食べる

そもそも栄養をきちんと取らないと夏場の体力ももちませんし、菌に対抗する力も少なくなります。三食きちんとたべ、こまめな水分補給を心がけましょう。

夏風邪予防にはビタミンCビタミンAをとるといいみたい!

ビタミンCはレモンやイチゴ等の果物やピーマン等から、ビタミンAは鶏レバーやうなぎ・卵等うまくとりいれて予防しましょう!

スムージー

いかがでしたか?

「また夏風邪」なんて医者にも行かずさらっと流していた私ですが、これからはきちんと自分の体を気にしてみます。怖い事になりかねない夏風邪。日頃から体調管理を心がけ、楽しいサマーバケーションを送りましょう!!

SPONSORED LINK

関連記事

a1380_000401

へそピアスは痛い?!開け方・ピアッサーの注意点まとめ!参考動画あり

本格的な夏が近づき、薄着になるこの季節。 シャツの裾から、チラリとへそピアスが見えたりすると、 「お

記事を読む

eac9d26a4e7beb439e239aaf306da890_s

RSウイルスの子供や赤ちゃんの症状は?高熱や咳は危険?予防は?

「RSウイルス」という名前を聞いたことはありますか?私もあまり勉強するまでは耳にしたことがなかったの

記事を読む

猫に蚊取り線香は大丈夫?効果や害を徹底調査!

暑い夏が来た!!ムシムシジメジメ。実家の猫も至る所で涼んでいます。ある時はフローリングの廊下。ある時

記事を読む

11e63190e766fcb15f19ba04785aa930_s

赤ちゃん(乳児)の熱中症の症状。夜の熱の対策は?母乳は危険なの?

熱中症って怖いですね。 まだまだこれくらい大丈夫と思っている初夏でもガツンとやられてしまいます

記事を読む

(はじめに)鼻毛

鼻毛に白髪は病気の危険あり?!真相を調べてみました。

若い頃には絶対になかった鼻毛の白髪。いつの頃から鼻毛に白髪が混じっているのに気が付きましたか。 『

記事を読む

c406109b82932d1027bd62a3d844a2b8_s

冷え性が妊娠確率に影響する?子宮を冷やすと危険?原因と改善策。

女性で冷え性の人、多いです。私もそのうちの一人です。冬が始まると手足が冷え切って、どうにも辛いですよ

記事を読む

acb2d5d85db6614847373795597dfdbb_s

子どもの熱が下がらない!元気だけど実は病気?正しい判断と下げ方。

可愛い可愛い我が子が産まれて、一番気がかりなのは子どもの“体調”。 毎日観察しているけれど、い

記事を読む

子供

子供の夏バテ対策まとめ!良くある症状と効果的な予防。

日に日に夏に近づいていく事が恐怖の今日この頃。最近は、熱中症で亡くなられたり暑さが引き起こす病気や怪

記事を読む

イラスト1

中性脂肪が低い原因。知らぬと危険?女性が注意すべき症状と改善策。

皆さんは中性脂肪が高いと良くない、ということは何となくご存知ですよね。でも、中性脂肪が低いと言ったら

記事を読む

湘南ひらつか七夕まつり 日程

職場でのいじめ。困った時の相談先はどこ?

職場でいじめにあった時、一体どこに・誰に相談すればよいのでしょうか。 社会で生活するのに切っても切り

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑