*

吉田の火祭りを詳しく知りたい!2015の最新情報はココ!!

こんにちは・・・みなさん。

あなたは知っていますか?日本には奇祭と呼ばれるお祭りがいくつもある事を・・・・・・さて、奇祭とはなにか・・・・それは!!!!!とまぁこんなにためるような恐ろしいものではありません笑

奇祭とは、風変わりなお祭りの事。

「なんだ、たいした事ないのね」

いやいや、そんなことはないのですよ。一言で表せられないくらいまぁ沢山のお祭りがあります。

今回はそんな奇祭の中でも日本三大奇祭の一つである『吉田の火祭り』をご紹介します!!

夜雨

SPONSORED LINK

日程/場所/アクセスは?

日程

2015/8/26〜27(毎年この日に行われます・雨天決行)

場所

富士急行線富士山駅近くの135号線金鳥居諏訪内山神社の間で様々な祭事が行われます。

アクセス

電車

  • 新宿[中央線・特急]『大月』[富士急行線・特急]『富士山』1時間35分
  • 新宿[ホリデー快速]『富士山』2時間

  • 東名高速道路『御殿場I.C』
  • 『御殿場I.C』→R138『須走I.C』→東富士五湖道路『山中湖I.C』→東富士五湖道路『富士山駅』約2時間
  • 『御殿場I.C』→R138→『富士山駅』約1時間(渋滞なしの場合)

交通規制情報

(去年の情報になります)

全体的に見ると16:30〜24:00の間で行われます。

神社前の道は18:30に解除されますが、一方通行になるので気をつけましょう。

 

駐車場情報

会場周辺の吉田小学校・吉田西小学校・富士吉田市役所が無料駐車場となります。その数は550台です。他にもちょっと離れたところの道の駅他いくつかあります。

道路規制が行われる周辺にあり、小学校は23時に閉鎖してしまうので、時間と場所を考えて停めましょう。

 

SPONSORED LINK

歴史について

そもそも、この吉田の火祭りはどんなお祭りなのか?

夏の富士山の山じまいのお祭りとして毎年8月26日・27日に行われる北口本宮冨士浅間神社諏訪神社の両社のお祭り。本来、火祭は浅間神社ではなく諏訪神社の祭礼なのですが、浅間神社の社司や御師が関わるべき祭りでもあった事が伝えられています。

ハッキリとした文献は残っていないみたいなのですが、諏訪神社は今から約500年以上前からある事が分かっていて、祭りは400年以上前には行われていたと考えられています。

その紀元源伝説は様々。

・上吉田で富士道場と呼ばれた「西念寺」の僧が信濃の諏訪に修行に行って帰ってくる時に、木の枝で竜を作り、それを諏訪神社に祀り竜が杖の頭に入れて燃やしたのが起源という説。

・古事記から。諏訪大社の祭神は建御名方神(たけみなかたのかみ)であり、国ゆずりの力比べに負けてしまった建御名方神は科野国(しなのくに)州羽海(すわのうみ)に追い込まれてしまいました。このとき松明を燃やして戦ったので、それが起源だという神道説。

・浅間神社に関連した説だと、上吉田の浅間神社は富士山を神格化した浅間神を祀っていますが、神道説では木花開耶姫命(このはなさくやめのみこと)だとされています。古事記によると、邇邇芸命(ににぎのみこと)と一夜限りの関係で身ごもった木花開耶姫命は邇邇芸命に疑われてしまいました。身の記しをたてるために出入り口のない産屋を作り、室内を壁土で塗り込み、その産屋に火を放ち燃え盛る中で無事3人の子を産みこれをなぞった説。

現在広く知られているのは最後の浅間神社と祭神と火祭りの関係を説いている最後のものだそうで、そのため浅間神社は火伏(神や霊の力で火災を防ぐ事)・安産・災厄除け・産業守護などといわれているそうです。

うーん古事記に世界にまでさかのぼるのですね。にしても、どの時代でもどうしようもないような事をいう男がいるもんだ!私が読んだ古事記はおもしろおかしくかなり現代的に訳してあるものだったので余計そう思います。

富士山

みどころ

みどころはなんてったって火祭りというくらいですから、タイマツを点灯する場面です!

初日26日に浅間神社と諏訪神社2台の神輿が御旅所(コミュニティーセンター)を目指して諏訪神社前から出発します。6:50頃に御旅所に到着すると、火の見櫓の御神木に張られたしめなわを、先頭を行く神輿の屋根にたつ鳳凰のくちばしで切って中に入って行きます。

そのタイミングで御旅所前の11尺もある大きなタイマツに灯をともすのです!!

 

それだけでなく、家で積まれたタイマツにも火がつけられて行き表通りに火の帯が現れるのです。

タイマツの炎は屋根の高さまでなるのですが、その火の粉で火事になった事はないと伝えられていて、燃えたタイマツの炭は火除けのまじないになるとされています。この炭を「おき」と呼び、火が消えかけたときに拾いに行き持ち帰り、近所の家に配ったり、軒先に吊るして火伏にしたり、粉々にして畑にまくと虫除けにしたりしています。

そして吉田の火祭りで極めつけなのが『いかなる悪天候でも休んだり中断してはいけない』というしきたり。

その日にやる事がだいじなんでしょうね、すごい。

SPONSORED LINK

関連記事

清水みなと祭りの日程は?2015の最新情報はココ!!

皆さんは、清水みなと祭りって、ご存じですか? このお祭りは、今年で67回目を迎えるお祭りです。 毎

記事を読む

西川祭りへ行こう!2015最新情報をお届けします!

夏の終わる告げる8月下旬に行われる新潟のお祭りが西川祭りです。 お神輿や稚児行列等が行われます。

記事を読む

ヘリコプター

明野航空祭2015の日程は?駐車場は?最新情報をチェック!

三重県伊勢市の陸上自衛隊、明野駐屯地で行われる明野航空祭を知っていますか? 明野駐屯地は航空学

記事を読む

お酒

西条 酒祭り2015に行こう!日程は?みどころは?動画あり。

これからの時期は各地でお祭りが目白押しです!「少し珍しいお祭りに行ってみたい!」いつもは運転ばかりで

記事を読む

どう行列2015の日程は?みどころは?最新情報はココ!動画あり。

皆さん、どう行列ってご存知でしょうか?ほとんどの方が何?知らないと思われたかもしれません。 どう行

記事を読む

シーサー

大正エイサー祭りへ行こう!2015最新情報をチェック!!動画あり。

大正エイサー祭りって知っていますか。まず、エイサーというのはお盆の時期にご先祖様達がこの世に戻ってく

記事を読む

食器

せともの祭に行きたい人はココ!2015最新情報を紹介!

せともの祭って聞いた事ありませんか。そう、あの瀬戸焼で有名な愛知県瀬戸市で毎年行われているせとものの

記事を読む

成田祗園祭 日程

成田祇園祭を楽しもう!2015の日程情報&オススメポイント解説!

夏と言えばお祭りの季節ですね。 出店や花火、お祭りを楽しむポイントは色々ありますが、 「私は

記事を読む

酉の市 横浜1

酉の市 横浜2015の日程や場所は?最新情報はココ!動画あり。

『酉の市』をご存知でしょうか?私はつい最近までこのイベントを知らなかったのですが、「市」と付くことか

記事を読む

踊り

日本ど真ん中祭りへ行こう!2015の最新情報が満載!!

日本のど真ん中、真夏の名古屋で行われる日本最大級の踊りの祭典。 通称は「どまつり」と呼ばれてい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑