*

鼻毛に白髪は病気の危険あり?!真相を調べてみました。

若い頃には絶対になかった鼻毛の白髪。いつの頃から鼻毛に白髪が混じっているのに気が付きましたか。
『歳をとったのかなぁ』なんて悲しんでいる前に、鼻毛の白髪は病気の可能性があるっていう噂を知っていますか。
男性も女性も鼻毛が白髪になる可能性を秘めています。白髪鼻毛の真相と、原因&対策をまとめます。

(はじめに)鼻毛

 

SPONSORED LINK

①原因

日本人の髪の毛や瞳、そして体毛全てが黒いのはユーメラニンという黒褐色系のメラニンが関係しているのです。
ユーメラニンが多ければ多いほど体毛や瞳が黒く、少ない人は茶色、もっと少ないとブロンドのような色になるのです。
日本人はユーメラニンを多く含み、遺伝するため親が黒い髪の毛の場合は子供も黒髪になります。

ではなぜ若い時は黒いのに、歳を重ねると白くなってしまうのでしょうか。それは老化に関係があります。
ユーメラニンはこの世に生を受けてから毎日毎日作り続けられています。しかし、加齢とともにメラニンの生成が遅くなりだんだん白髪が増えていってしまうのです。
(ちなみに、加齢は細胞の働きを悪くしてメラニン生成が遅くなり白髪になりますが、逆をついていえば若い頃は日焼けすると黒くなりますが、高齢の人は日焼けしにくくなるのです。)

鼻毛の白髪になる原因については、加齢だけが原因ではありません。
加齢の他には、運動不足や栄養不足、血行不良、ストレスや喫煙、良い睡眠が十分に取れていないなど生活習慣の問題が原因となります。
鼻毛に白髪が交じったからと言って、体の何処かが悪い病気になっているという事はありませんが、上記の鼻毛の白髪の原因を見てみると、健康的な生活を送っていないのが一目瞭然です。こんな生活を送っていれば、いつかは病気になる危険性が高まります。
『毎日忙しく仕事をしていて、どうする事も出来ない!』という人も沢山いるでしょう。しかし、病気になってからでは遅いのです。今一度、現在の生活を見なおしてみませんか。

①喫煙

SPONSORED LINK

②対策

歳を重ねると白髪になる人が増えてきます。しかし若白髪と言われるように、若いうちから白髪が沢山ある人もいますし、逆に50歳や60歳といくつになっても髪の毛の色が黒々と美しい人もいます。
もしかすると高齢なのに美しい髪や瞳、鼻毛をもった人は生活習慣の違いかもしれません。

『忙しく仕事をしていて運動なんてするヒマもないし時間もない』という人は食事から変えてみましょう。
栄養不足とは高カロリーの食事を取っていればいいのではありません。野菜や海藻など全ての食材をバランスよく摂取する事が大切なのです。
髪の毛や鼻毛を黒くしている色素細胞も、バランスの取れた栄養があって黒い毛を作ることが出来るのです。
偏った食事をしていれば、色素を作る必要な栄養が足りず白髪になりやすくなります
きちんとした食事は黒く健康な毛を作る事だけでなく、体の健康にもなりますので、毎日の食生活を少しづつ改善してみましょう。

また、時間や体力に余裕が出来た時は軽い運動ウォーキングをお勧めします。体を動かす事で滞っていた血流も改善されて血行が良くなります。
血行が促進されれば、血液に乗って栄養が体の隅々まで運ばれるようになるので、黒い鼻毛を作る為に必要な栄養もきちんと運ばれるようになります。
更に運動は気分転換になり、ストレス解消にもなります。ストレスと白髪は深い関係があるので、出来るだけストレスは溜めないよう、そして適度に発散してあげる事が大切です。

②バランスの取れた食事

③さいごに

鼻毛の白髪は、髪の白髪よりも気になる存在です。しかし、だからといって抜いてしまえば鼻の中が傷ついて炎症を起こしてしまう可能性もあります。
白髪そのものを抜くのではなく、原因となるものを解決して鼻毛白髪対策を行うようにしましょう。
また、鼻の白髪は髪の毛よりも若く生えてくる人が多いようです。あまり神経質になりすぎず、気になるようであればカットして根本の解決に踏み切りましょう!

 

SPONSORED LINK

関連記事

bbabfb954962537388b480b91df3740a_s

赤ちゃんの鼻づまり解消法!超簡単に出来る5つのワザとは?

「ゴーゴー」「ズーズー」「プシュー」「スピー」 赤ちゃんの鼻づまりの音がして、ママも気になっち

記事を読む

マイコプラズマ肺炎。子どもの症状は?うつるの?原因と治療方法。

最近よく聞く「マイコプラズマ肺炎」。 小さい子どもがいる家庭では、気が気でない怖い印象の名前ですよ

記事を読む

2f0788246396c229c3a5fd74dc0844ca_s

喉の痛み。はちみつ(ハチミツ)が超効果的な本当の理由とは?

季節の変わり目やインフルエンザなどの季節、これから風邪が流行りだす時期。熱はなくてもなんだか喉が痛い

記事を読む

虫垂炎の初期症状とは?下腹部の痛みは危険?盲腸との見分け方。

「お腹が痛い!!」と腹部に激痛を感じて、想像するのは“盲腸”か“虫垂炎”ですよね。盲腸の方がメジャー

記事を読む

a0006_001426

赤ちゃんのゲップはいつまで?やめるタイミングとやめさせるコツ。

赤ちゃんのミルクの後はゲップをさせるって知ってはいるけど、これっていつまでするのが正しいのかは知らな

記事を読む

舌ピアスは痛い?!開け方・ピアッサーの注意点まとめ

ぺろっと出した舌に、きらり光る『舌ピアス』。 かっこいい!と思う方も、う~んちょっと…と思う方も、

記事を読む

a0006_001870

赤ちゃんの下痢が続く原因は?元気でも病院は必要?症状と対処法。

赤ちゃんはよく下痢をしたり、風邪をひいたりしますよね。下痢をしていても、体は元気でよく動いたりするこ

記事を読む

花粉症の薬。妊娠中の妊婦は危険?鉄板で効く対処法とは?

日本人は花粉症の人が多いです。特に妊婦さんは、妊娠前よりも花粉症の症状が悪化する事が多いようです。

記事を読む

軟骨ピアス 痛み

軟骨ピアスは痛い?!開け方・ピアッサーの注意点まとめ

ピアスといえば、一昔前では耳たぶが主流でしたが、 最近では耳の軟骨部分にピアスをしている方も多く見

記事を読む

はちみつ

喉が痛い時の食事。飲み物や食べ物はどうすべき?薬は何を選ぶ?

風邪を引いたときにつらい症状として発熱や頭痛、鼻水やくしゃみなどがありますが、喉の痛みは病気中の食事

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑