*

「 病気・健康・身体のケア情報 」 一覧

夏バテ予防の食事や食材!解消に超効果的な食べ物を徹底紹介!

毎年夏が近づくと年々気温が上がっているそんな感じしますよね。 熱中症になり現状亡くなられている方もいるのも事実です。 そうでなくても「あまり体調がよくない」「食欲がわかない」ということがあ

続きを見る

舌の口内炎はなぜ痛い?眠れない程の痛みの原因や治し方の詳細。

気づいたらいつの間にか口の中にできている口内炎。 気になってしょうがないですよね。舌でいじってしまったりつぶしてしまおうかどうか…。 でもつぶすと口の中に血の味がしてなんだか嫌な感じ。

続きを見る

赤ちゃん(乳児)の熱中症の症状。夜の熱の対策は?母乳は危険なの?

熱中症って怖いですね。 まだまだこれくらい大丈夫と思っている初夏でもガツンとやられてしまいます。 私もゴルフをしていて熱中症に罹ったことがあるんですが、頭がガンガンして本当にきつかったです

続きを見る

猫の熱中症対策!症状別の治療法はコレ!後遺症は危険?

夏の暑さに耐えられないのは人間だけはありません。 実は動物にも起きるのです。 私も幼いころから猫を飼っていますが夏は涼しい場所を求めて眠っています。 今回はそんな猫の熱中症対策につい

続きを見る

犬の熱中症の症状。正しい対策・治療とは?間違った処置は危険?

私は昨冬から犬を飼い始めました。 まだまだ子供で、いたずら好きで、でも可愛くて…! 犬と一緒に暮らし始めて初めての夏を迎えるのですが、心配なのが熱中症です。人間でも暑さに負けて倒れることがありま

続きを見る

犬の熱中症対策!症状別の治療法はコレ!後遺症は危険?

いつも散歩で出会う可愛いワンちゃんがいたのですが、最近見かけなくなりました。 どうしたのかと飼い主さんに尋ねると、なんと「実は熱中症になって…手当が遅れて後遺症があって」というので驚きました。後

続きを見る

口内炎の痛みは食事で治す!はちみつが効果的な理由とは?

口内炎になっているときって、辛いものや熱いものがしみて食べられなくなりますよね。私も定期的に唇の裏を噛んで口内炎になっています……。 そんな口内炎には、「はちみつ」が効くらしいんです。

続きを見る

足の水虫の痛みはこれで治った!一番の原因と効果的な治療方法。

長時間革靴を履いていたりすると足の指がかゆくなる水虫。 でも「水虫になった」なんて恥ずかしくて言えない!!! そんな方のために今回は足の水虫の痛みはこれで治った!一番の原因と効果的な治療方

続きを見る

足の裏の魚の目が痛い!一番の原因は?治療方法や対策を簡単チェック

私はなったことはないんですが、皆さん口を揃えて「痛い!」と言う魚の目。足の裏に出来ることが多いようです。魚の目とは一体なんなのか、原因や治療方法、対策などを解説していきたいと思います! 魚の

続きを見る

膝の痛み。ランニングは危険?故障前の注意点まとめ!

手軽な運動として、ランニングはとても人気なスポーツです。 運動不足を感じたときに、「とりあえず走るかな?」と言って、ランニングを始める方も多いのではないでしょうか? 準備も、動きやすい服装

続きを見る

肘の痛み。内側が痛い原因!しびれの治療や失敗しない病院の選び方

最近、母が「特に何もしていないのに、手や手首を動かすと肘の内側が痛くなるのよ~。」とぼやくようになりました。私も「ふ~ん。」ぐらいにしか聞いてあげていなかったのですが、もし大きな病気が原因だったらと思

続きを見る

膝の痛み。子供の場合の原因とは?一番の原因と効果的な治療方法。

もしお子さんが突然「膝が痛い」と言ってきたら、あなたはどうしますか? 私は子どもの頃バスケットボールをやっていましたが、母に足が痛いと訴えても「成長痛だよ!」とばっさり切られていました。幸い私は

続きを見る

背中のほくろが痛い。痛みの原因は?腫れは危険?何科で治す?

皆さんは、背中にあるほくろ(黒子)が気になったことってありますか? ある時、突然、背中にチクチクズキズキとした痛みを感じるようになり、気になって触ってみたら、イボのように膨れ上がったほくろができていた

続きを見る

左のみぞおちの痛み。一番の原因と効果的な治療方法。何科に行く?

なんだか左にある心臓付近が痛む…、左側のみぞおちがズキズキする…。そんな症状ありませんか?心臓に近いみぞおちだと誰もが心配になるかと思います。 今回はそんな左のみぞおちの痛みはこう治す!一番の原

続きを見る

冷え性が妊娠確率に影響する?子宮を冷やすと危険?原因と改善策。

女性で冷え性の人、多いです。私もそのうちの一人です。冬が始まると手足が冷え切って、どうにも辛いですよね…。でも手足が冷えるくらい、と軽く考えがちで、きちんと対策を取っている人は少ないのではないでしょう

続きを見る

足の冷え性はこれで治った!驚くほど冷えに効く対策と解消法!

暑い暑いと言われた夏も終わり、気が付けば紅葉していた木々もすっかり裸になって季節は冬! 「まだまだ、これくらいの気温なら大丈夫!」なんて、いつまでも薄着で過ごしていた方も、流石にそろそろ暖かい服装に着

続きを見る

食べると身体がポカポカ!冷え性改善に効果抜群な食べ物&飲み物。

私は冬でもお洒落をしたいな~、と思ってはいるのです。短いスカートにショートブーツを合わせる。ガウチョパンツに素足感を出しつつ、マニッシュシューズを合わせる。 しかし寒さに負けて裏起毛のズボンばか

続きを見る

巻き爪は病院で治すべき!?何科を選ぶ?オススメの専門外来は?

足の親指の爪が内側に入り込み、孤を描いたような状態になってしまう巻き爪。巻き爪になったばかりのころは特に痛みも気にせず日常を過ごしていても、職場に行くときなどで歩いているうちに靴の中で擦れて徐々に悪化

続きを見る

血液検査のCK。高い?低い?基準値は?大人と子供の違いはある?

血液検査項目の中に、CKという表記がありますが、一体これは何を表すものなのか、結果の数値を見ただけでは素人にはわかりませんよね。一般的には、心筋梗塞や神経・筋疾患に関係があるとされていますが…実際はど

続きを見る

巻き爪で足の親指に激痛が!痛い原因は?自分で治せる?治療法も紹介

足の親指に起こる巻き爪。起こってしまうとこれがかなり痛い。私はバドミントンの部活のときは足を踏み込む動作があったので何度も巻き爪になり爪がはがれましたね。 練習や試合中は興奮しているので

続きを見る

花粉症の薬。強さランキング2016!市販のおすすめは?最新チェック!

花粉症は本当につらいですよね。患者が多い分、ドラッグストアにはたくさんの種類の花粉症の薬が並んでいます。でも、本当に花粉症に効いてくれる薬ってどれなんでしょう。 今回は花粉症によく効く薬をランキング

続きを見る

中性脂肪が低い原因。知らぬと危険?女性が注意すべき症状と改善策。

皆さんは中性脂肪が高いと良くない、ということは何となくご存知ですよね。でも、中性脂肪が低いと言ったら、逆に良いのでは?と思いませんか?実は、低すぎるからと言って健康とは言えないのです。どこかに病気のリ

続きを見る

中性脂肪が高い原因。知らぬと危険!女性が注意すべき症状と改善策。

ちょっと太ってしまった!ダイエットしなくては!という女性の方は多くいらっしゃいますよね。最近、皮下脂肪が多いな、、と思っていると、中性脂肪が高く、健康上のリスクも高まっていることを皆さんも何となくご存

続きを見る

鼻水が止まらない!透明やサラサラによって病気が違う?原因は?

鼻水が止まらない時って、嫌ですよね。うっとおしいし、恥ずかしいし…出先でティッシュを切らして「どうしよう!」と焦ることも。とくに透明でサラサラの鼻水って、出てることに気づかないことってありませんか?

続きを見る

花粉症の薬。妊娠中の妊婦は危険?鉄板で効く対処法とは?

日本人は花粉症の人が多いです。特に妊婦さんは、妊娠前よりも花粉症の症状が悪化する事が多いようです。 ストレスを溜めて赤ちゃんや母体に悪影響を及ぼさない為にも、目薬や点鼻薬、飲み薬は飲めるのかについて

続きを見る

溶連菌の大人の症状。仕事は休むべき?日数は?薬は効くの?徹底調査

皆さん、溶連菌というのはご存知ですか?溶連菌とは、溶血性連鎖球菌と呼ばれるばい菌のことです。 このばい菌は子どもに症状が出ることが多いのですが、兄弟や家族にうつることもあります。もし、自分が溶連菌に

続きを見る

妊婦の陰部のかゆみの原因とは?薬の効果は?超効果的な予防と対策。

女性は妊娠すると様々な身体の変化があります。今まで大丈夫だったものが、急にダメになったり、すぐに体調を崩してしまったり、ちょっとしたものにかぶれたり、、と、自分自身でもびっくりするほど変化があります。

続きを見る

痛風に効く食事。良いものダメなものは?オススメランキング紹介!

痛風は、かつて贅沢病と思われていた時代がありました。というのも、尿酸値を上げ痛風を起こしやすいプリン体は肉や魚に多く含まれているからです。現在でも食事療法は痛風治療に大きな役割を果たしています。

続きを見る

切り傷を圧倒的に早く治す処置方法とは?動画で解説!

紙や包丁で指を切ってしまったり、また、ガラスの破片を片付けているときに切り傷を作ってしまったことはありませんか?特に指先などは神経が集まっていて敏感なため、痛みをとても感じやすい部分なので、少しの切り

続きを見る

痛風の症状。足のしびれに注意?原因と効果的な対策をチェック!

どんな病気でもつらいものですが、中でも「風が吹いても痛い」というくらい、激しい痛みをともなう「痛風」。怖いですね。現在、痛風の患者数は急増していて、20年前から比べると患者数は3~4倍にもなっているそ

続きを見る

PAGE TOP ↑